« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

ジョーさんのただいま

シチューポットのおうちからアイキャンフライした事件から、

体が擦れて弱ったところにアンモニア中毒状態になり

完全に危篤に陥っていた、ヒドジョウのジョーさんですが......

ひっくりかえって息も絶え絶え状態だった頃は、

内心「ヒドイジョーsweat02」 と言っていたとか言わないとか?

闘病生活1週間。 なんと、無事完治しました♪ 

いやー、まさかホントにすっかり生還できるとは 思ってなかったよ! 

それでも下半身に麻痺が残って障害魚になってしまうんかなあ、

と 心配していたのだが、それも治って、尾ひれも再生しました。

(写真は前前日のでまだ少し変形しているが) ピンセットで口に

持って行ってやらないと餌が食べられなかったんで、

赤ちゃんにやるように毎日毎日せっせと与えていたら、

あげればあげるだけ食べる もんだから、調子に乗って太ってきましたよ。

ワーオ。ってか今はピンセットからじゃなくて 自力で食べれるだろ!

 甘えやがって))))) てなわけで、ヒーさんも嬉しそうにしています。

また2匹ラブラブいちゃいちゃする図が見られるようになり、

めでたしめでたしであります。

こんなスニーカーの紐くらいの頼りないおさかななのに、

こうして元気に復活してくれた奇跡にありがとう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョーさんその後。

日に日に元気になるヒドジョウのジョーさん。

今日もピンセットで餌を差し出してやると

ボボボボボッと吸い込んで たくさん食べてくれた。

体の色もだいぶきれいなオレンジに戻ったし、ひげのボソボソも

まっすぐになってきた。体力をつけてやるためにも、もっと

食べさせてやろう。

うーん、しかし下半身にちょっと麻痺が残っててうまく泳げない様子。

尻尾のビリビリと白く固まった部分は治るだろうかー。

もしかしたら、このまま障害っこになってしまうのかなあ。

「また一緒にクネクネいちゃいちゃできるんやろか」

恋人?のヒーさんも後ろで心配そうにしておる。

ミシシッピニオイガメのカメたんも気づけば少し大きくなったような~。

テレビ大好きの現代っ子なので、本日もスーパーニュースの

金さん誕生日のニュースにくぎつけ。

場外馬券場のおっさんスタイルで、

ニューッとな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おっといけねー♪

またまた報告忘れるとこじゃったfishsweat02 ひさびさの本日のモテニー♪ あいかわらず早寝のライフスタイルで、 夜10時くらいには、うそっこサンゴに入って 寝てしまいます。 最近はちょっと大きくなったので、尻尾がはみ出ております。 てなわけで、かわいそうなヒドジョウズのジョーさん以外、みんな元気に新年 むかえておるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒドジョウのジョーさん災難!

ごぶさたです。

新年あけて。

暮れに無事5年目突入で、さらなくお局インドマミズフグへの扉をたたいた

フグニーさん。お祝いに長年愛用してすっかりぼろんけちょんになった

うそっこ水草を新調してやったのですが、、、。

全然葉っぱペタンしなくてしっくりこず、戸惑いの表情のフグニー女史。

先日、我が家にて爆裂紹興酒試飲会炸裂。3年物、8年物、12年物、20年物

飲み比べ、中華、イタリアン、寿司、と世界各国のごちそう(でもないけど)堪能。

調子に乗って大酔っ払いの飼い主兼餌係りであった。

そんなさなか。。。可愛いヒドジョウズの太くてご立派な方ジョーさんが、

何に驚いたのかシチューポットのおうちからアイキャンフライしていたのだった!

発見したときは床に落ちてオレンジ色のはてなマークになっていた。涙。

ああ!!!!オレのバカバカ! 紹興酒でいい気になっていて、隣で

こんなことになってるなんてちいとも気づかなかった!!

幸い生きていたので、ごめんね、ジョーさん、と拾い上げてポットに戻してやったのでした。

で、事故は無事に済んだとばかり思って寝たのだが、翌日。ジョーさんは

白くなってひっくりかえり、完全な危篤状態になってしまっていたのだった。

(拾い上げてポットに戻すときに素手でないようにして、ポットの飼育水も

換えてやっていたらよかったのだ)

わーーーもうどうしよう! 私が酔っぱらってた責任だ! ごめんね、ごめんね。

おろおろ反省のパン蔵に「こうなってしまったら、もう無理だろうね。

残念だけど。手の施しようがないよ」と死の宣告をするMMドクター。

ううう。。。たしかに誰が見ても死ぬフラグだけど、、だけど諦められないよ!

MMドクター、涙にくれるパン蔵をおいて、すかさず救命処置開始。

まずはプレ男を追い出して水槽確保でフィルターとヒーター設置。

慎重に水合わせしてヒドジョウズを引っ越させ、塩、薬、粘膜保護材投入。

さらに元気なヒーさん(ヒドジョウズの細くて小さいほう)を産卵箱に隔離して浮かして。

「出来るだけのことはやったよ」

重々しくいうMMドクター。

もうあとは祈るだけである。

翌朝。そうはいってもきっともう死んでるだろう。ああ、新年早々また埋葬か。

今年もまた魚殺しのパン蔵なのか、、と暗い気持ちで水槽を除きますと。

なんと! ヒーさんが産卵箱を脱走してクネクネびゅんびゅん泳ぎ回っている!

なんてこった。死んで棒みたいになったジョーさんに何度も体当たりして

水槽内引き回しに、、、。

「やめろ! なんてことすんだ!」

、、、しかし、ジョーさんはよーく見ないとかすかにかすかに動く鰓に気づかない

くらいの虫の息だったが、まだ生きていたのであった。

思えば、ヒドジョウズ、八月のあの夜。ともに恐ろしい目にあい、5日目に発見

されるまで、壊れた店内に取り残されていた最後の魚なのだった。

その後はパン蔵家のしちゅーポットの仮設住宅で仲良くクネクネいちゃいちゃ

毎日くっつきあって暮らし、今日も無事に一緒に生きていられる喜びと感謝を

全身で表現してみせてくれるかわいいカップルなのだった。

そんなヒーさんとジョーさんを、最後の最後のきわに、産卵箱なんかで引き離す

なんざ、、。

弱った魚にダメージは危険だったが、もうヒーさんを産卵箱に戻すのは

やめたのだった。どうせジョーさんはもう長くないのだ。一緒にいさせてあげよう。

しかし、奇跡は起こったのだったshine

もういよいよ死んでいるだろう。

覚悟していた翌日。 水槽をのぞいてみると、やっぱりジョーさん動かず。

生きているのか死んでいるのか微妙な形だったが、

よーくみると、、、鰓が僅かにちらちら動くので、なんとまだ生きていてくれている!

さらにじっと見ておりますと、ふと、 なんとなくジョーさんが少しだけ

顔を自力で動かしたような気までした。錯覚?

わー、今の水が揺れたせいかなあ?? どうだろう!!

そんななか、あいかわらずヒーさん何度も突進してきて体当たりをくりかえす

スパルタ看護続行(お願いだからもうやめろよ、、、)

しかし、、、、 昼過ぎにジョーさんは体を自力で少し動かせるようになり、

なんと信じられんことに、餌までもピンセットから受け取って食べるようにまで!

自分で泳いで探して食べるのはできないみたいだけど、ピンセットを

探して必至に口髭を 伸ばそうとしてチュルチュル。そばすする爺さんのしぐさで

いっぱい食べてくれたのだ!

そこからは力がついたか体の色もきれいに戻ってきたり、

ぐんぐん回復の兆しが出てきて、 もしかして、元に戻るかもです!!

ヤッター!!!

「僕の適切な処置がよかったんでしょう?」 MMは得意そうにしていた。

うん♪ もちろんそーだね、ありがとう!!!とほめつつ、

実はヒーさんの愛の体当たりが効いたんじゃないか、と思っているパン蔵

なのだった。

このまま様子をみて、すっかりジョーさんが回復することを願う

オイラたちとヒーさんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »