« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

迷彩柄で隠れてます

うそっこ水草ラブheart01の先輩フグニーさんを真似して、

うそっこ水草の上に乗っかって寝てみている

インドマミズフグのチーママ、マミーズ3号ちゃん(長嶋茂雄似)

しつこく写真を撮っていたら、うざかったみたいで、

ちょっと目を覚ましちゃいました。

「☆*△×◎んあ。。。。。。??」

マミーズ3号ちゃんの寝ぼけはひどい。パン蔵家フグマンションの住人の

中でも不動の一位のねぼすけである。

アベニーたちなんか、餌係りパン蔵が、水槽の前に立っただけで

気配を察して飛び起きてびゅんびゅん逃げていくというのにナー。

多分野生に戻ってこんなことじゃ、たちまち命を失うであろう、と心配に

思うほどなスーパー危機感なしのていであるが、

もしかすると、インドマミズフグの住む川域は、あまり外敵がいないんだろうか?

なんて想像してみたりもする。

平和な川だ。いつか行ってみたい。

ところで、

寝起きのインドマミズフグはミリタリー柄でおしゃれである。

それにしても、マミーズ3号ちゃんも気が付けば3才くらいだったりするのだが、

ちっとも大きくならない気がするナー。

先輩のフグニーさんは枝豆一粒大から、

いまやおしぼり大にまで成長した というのに、

なんかマミーズ3号はいつまでも餃子サイズのままだ。

やっぱり冷凍赤虫以外ガンとして食べないからだろうか。

困ったことだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フグニーさん♪におねがい

5年前のクリスマスごろ、パン蔵のもとに舞い降りてきた

福っこフグニーさん

枝豆一粒大だったボディもすっかりおしぼり大にまで成長し、

いまや堂々のおひとりさまであります。

その間、さまざまなことが彼女?びフグ生を通り過ぎていきました。

飼い主兼餌奴隷パン蔵にもめぐる、この数年の

ありえない流転すぎな人生の節目節目、

いつも、パン蔵の横にはフグニーさんの半笑いが。

「一人暮らしもずいぶんになるワ。。。」←遠い目

最近はあとから続々やってくる(そして残念ながら去っていくものも)

新参者のいちゃつきぶりにあてられ。。。。。

(ヒドジョウのヒーさんとジョーさんは、

あいかわらず毎日いちゃいちゃクネクネしとります。

そうふたりの合言葉はもちろん、LOVEheart01のL。

惜しいことに、さかさまだけどなッ)


里子でやってきた中年ホモのちんまり二人暮らしを横目で羨み。。。。

(毎日すみっこでくっついて眠るおっさん達)

それでも元気に半笑いです!

来年も(再来年も、ずっとずっと)

どうか、パン蔵のそばでニタニタしていてください。

フグニーさん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おきにいり

焦げたみたいな色と残念な柄に生まれちゃったおかげで

里子でやってきて、どうやら居残り決定のプラティ。

不細工で売れ残りでも明るく生きてる(余計なお世話)

けなげなこにめっぽう弱いという餌係りパン蔵に、

たちまち愛着持たれて名前つけられてましたとさ。

その名も

「コゲティ兄ブタオ」

でもこの角度だと豚っていうより犬みたいだね!

えっと「兄」ってことは「弟」もいます。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おひさしフグ

パソコンを新しくしたので、設定とかにまだ四苦八苦しておりますので、すっかり

ブログの書き方わかんなくなってしまったsweat01

とりあえず、久々ですが

本日のうそっこ水草、、もとい、本日のモテニー

うーん、うまく書けない。。汗汗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がんばれ、プレ子さん


えー、このひとはミニブッシープレコのプレ子さんです。

八月の事件の最後の救出魚で、壊れた店の中で5日間生きてました。

底面真っ黒水槽に住んでいるので、あんまり存在感ないですが、

なんとなくジミに暮らしております。普段はあんまりにもじっと動かないので

「死んだか!」

と思うのですが、突然意表をついた動きをするので、びっくりします。

そんなところは先住魚のウパオくんに似ていますが、

ウーパールーパーと違って、

あんまり愛嬌とかないひとです。

そんなジミな存在のプレ子さんの家に、このたび突然ボーイフレンドが転がり

こんできました。お客様からの里子のミニブッシープレコの牡、プレ男くんです。


しかし、どうやらまだまだ初心な乙女の年頃らしいプレ子さん、

ものすごくプレ男くんをいやがっています。

「男の子なんて不潔よ! あっちいって!」

プレ男くんが少しでもにじりよってくると、いそいで壁に張り付いたり、

うそっこ水草にむりやり昇って隠れたりします。

「んもう! なんて無神経なのッ! 飼い主兼餌係のやつ! 

神聖なる女の子のお部屋にいきなり知らない牡をぶっこむなんて!」


プンプン。


「貞操の危機を感じて打ち震えているわ」



そんな中、アベニーパファーのおっさん2名はホモのくせに

ラブラブです。毎日ちんまりと隅っこでくっついて寝ています。

隠居したおかまバーのママとチーママって風情で、

よりそってほそぼそ年金暮らしです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »