« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

本日のモテニー

先日、「楽しい熱帯魚」のカメラマンさんに撮ってもろうた、

カリノテトラオドン.サリバトールの少年モテニーくん。

ちょっとシャイネスな性格なので尻尾をピンとさせて

緊張気味ですが、美少年に撮ってもらいやした♪

背後に出たがりのブルーダイアモンドラミレジィ

「主人公は俺!なのに」

本日のシロザリガニのザリコさん。


今日もやるきに満ちているので、飼い主兼餌奴隷のパン蔵に、

かかんに戦いをいどんでくる

「やんのかー」


本日の亀さん。


ミシシッピニオイカメさん。五百円玉大。

今日もワチャワチャとおうちの中を探索中。

たまに自分の足さばきにすべってこけている。


本日のヒドジョウ


今日もいちゃいちゃくねくね。

ところで、こやつらはつがいなのだろうか?


観察しておりまするに、一匹は太くて大柄で、もう一匹は細身で小柄。

大柄の方がちょっかいだしてるかなーと思いきや、小柄がクネクネ

巻き付いて誘ってる場面もあり。うむー。


そんなこんなで平和なパン蔵家のお魚さんたちであるが。。。


ヒーター足りない&コンセント難民な問題もあり、なんだか頭悩ますこのごろで

ありました。

ヒーター設置でたこ足コンセント事情もあって、ベタ長屋がミョウに込み入って

しまい、そのせいだか、ベタさんの飛び出し自殺未遂があいつぎ、気のおけない毎日。

おとといは、知らぬ間にオジ蔵がアイキャンフライして、テーブルの上にべったり落ちてて、

超ゼツキモを冷やしたパン蔵ですが(もしかして直前にMMが入って

来て羊のぬいぐるみをけしかけてザリコと遊んでいたので、

その際にびっくりして飛び出したんじゃないかギワク)。

その数時間後に、部屋の電気消して一度寝に行って、なんとなく気になって戻って

テンコとったら、アオ蔵がいない!!!

わー、さっきあいつもアイキャンフライしてたのか! 気がつかなかった! どーしよー。

とテーブルの上を探してみるも、、、、どこにもいない!!

なぜに?? アオたん、どこ〜。。。テーブルの下や、もしや? と隣り合ってる

他のベタ瓶やプレコ水槽を覗くも、発見出来ず。。


「どこいったんだよー。アオ蔵〜」

と、よくよく見ると、テーブルの下のさらに一メートルくらい先の床に、

黒い布化して落ちているアオ蔵がいた。

落ちる時、どっか強く打ってるかも、、長い事落ちていたのかも、、ダイジョウブだろうか??

塩を入れたりして様子みてましたが、一応大事にいたらずご健在です。よ、よかった!

「もう! うちはコレ以上、死ぬの禁止ですから」

発見が遅れていたらやばかったです。

ほんとドキドキしましたの9月の終わり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れ近づく〜

春から預かっているベタのシロ蔵くん、

事件後の店から救出した被害ベタのアカ蔵くん、アオ蔵くん

そろそろお店に戻って売られる日が近づいております。

水景工房白金店には、ベタタワー♪って感じのかっこいい

展示台が設置されてて、今一匹だけになってるし、

「ウエルカム♪」

なんだそーです。。


むむむ。。。

アカ蔵くん、アオ蔵くんは、ともに大きさ同じくらいで、

ほぼ色違いといっていいツインズであります。

毎日の観察によりますと、なぜかアカ蔵くんの方が、フンが多い。

そしてそのフンが軽い(なんか時々浮いてたりする)です!!!

、、、、って。ま、いらない情報ですね???♪♪


そして、彼らより高級っぽいゴージャスな種類のベタのシロ蔵くん。

鰭がゴージャスな分も含め、

ちょっとだけアカ、アオより大きいです。


餌係パン蔵、シロ蔵くんとは、とくに別れが辛い。

春から一緒ですからねえ。

超絶美しいホワイトパールなプリンス仕様な姿に生まれて、

ワンパクな性格の人懐っこい可愛い少年(まだ。多分)

なんですよー♪ いつもパン蔵の顔をじっと見つめて、

目があうと、

「おっ、おまえ、俺知ってるぞ。餌くれる奴だろうっ♪」

ってテンションあげるんですよ。萌え。。。

しかし、現在パン蔵家にベタ8匹。いかにも居過ぎである。


これから冬にむけてヒーターとかも足りてないし、色々不具合発生しそうな

気もするし。。。

そろそろベタ蔵とメス蔵のコンカツ計画も実行せねばならないし。。。。


シロ&アカ&アオ。

店に戻って、可愛がってくださる飼い主さんに出会ったほうが、

きっと幸せだよなー。うーん。

それに、トリコロールで展示されてたら、

きっと店でも美しかろうし、見栄えするだろなあ。

迷いの秋。。。

ホントはクラウンテールベタのオジ蔵くんも返さないといけないんですけど。

枯れ葉色ボディに無精髭フェイスのブサメンと見せかけて、奥沢店時代は

まったくの「売れ残り」フラグ立ちまくりなおっさんでしたが、


うちにきたら、なぜだか性格がかわいくなって、そしたら顔までも

急にテディベアぽいワ♪ とかなって、突然我が家でいまや大人気のおかた。


オジ蔵、、、返したくないなあ。どうしようかなー。


メダカサイズのショートテールベタのチビ蔵くん。


こやつもちーさいながら、ベタなので気が強くて人懐っこく、

いつも「やんのか? ねえ、やんの?」

とパン蔵をガン見で呼んだりする、かわいーこである。


こいつもなあー。。。

返すのさみしい!!! もちょっと一緒にいたいよ。うーんうーん。。

保留ボタン。。。ポチッ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あれっ

写真貼付できてなかったヨfish


モテニーたんZzZz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フグ撮影♪


今日は、広末涼子似のエンジェリックなイケメンカメラマン氏が

やってきて、

ワタチたち撮影してもろうたの♪

「たのしい熱帯魚」11月号に載るんだってサ。

浮き浮きフグフグ。

いつもは、知らない人が来ると、怖がってまっくろう○こ化する

マミーズ3号ちゃんが、

今回はイケメンにつられて全面に出まくりでいいお顔しまくりで、

褒められましたよ。

エンジェリックな微笑を称えた3号ちゃんの晴れ姿、

ぜひ見てやってください寝ッ。

フグフグ


餅ロン。

アゴちゃんたち南米淡水フグ連、インドマミズのお局フグニーさん、

アベニーパファーのホモおっさんズ、レッドラインパファーのフグブー、

カリノテトラオドン.サリバトールのモテニーちゃんも、

撮ってもろうたヨ。嬉しいねえ。


わたすも載りたかったデス。ブイッscissorsVッscissors

(やんのかコラーッ)


白ザリガニのザリコ。


俺もデス


(ブワッと鰭ひろげるぞ。ゴルァッ)

クラウンテールベタのオジ蔵

本日(でもないけど)のモテニー

うそっこ水草をおふとんにしてねんね。

可愛いと思われたくてやってるとしか思えぬ。うむ

モテニーは飼い主の萌え心が解っている出来る子デス
(マジンガーZ顔のクセにぃ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご報告です


お店が襲われた事件。犯人逮捕されました。

ちょっとだけホッとしました。

改めて、殺されたお魚を思って涙。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

白ザリガニのザリコさんも元気♪


最近フグのこと、全然でてこねーじゃないか、と思われるかもしれませんが。

大事に預かっている被害魚さんたちの無事を伝えないとと思っておりますんで。

多くのお魚は無惨に殺されて、その事は今でもどうしても忘れられないし、

辛くて悲しいのだが。

それでも、ほんの僅か、奇跡的に生き残ったお魚たちは

ちゃんと元気になって無事に生きてます、

小さいお魚でも、飼ってみるとそれぞれ個性があって、

面白い生態もあって、けなげに生きております。

世話してみて、お魚ってこんなにかわいいんだなーって

パン蔵自身が実感して、

「こやつらが殺されないで、ホントによかったナー」

と思っている事を、伝えたいのです。


ちゃんと面倒見て元気になった被害魚たちを、

大事に可愛がってくれる飼い主さんに出会えるようにしてやりたい。

それがパン蔵の願いなのです。


さて。

こちらは白ザリガニのザリコさん。

現在体長4センチくらいの消しゴムサイズであります。

プラスティックなホワイトボディがおもちゃっぽくも、なんとなくくず桜とか

和菓子っぽくもあって、お魚界の夏の涼味♪ ってな風情の面白い奴です。

事件の後、片付け作業の最後の日の昼間に、レジの側で発見されて

連れて来られました。

最初はやっぱりひどく弱っていてヨレヨレで、なんとなく背中のあたりが

変色していて、人の気配がすると恐そうに後ずさったりして。

餌も食べなかったし。

完全に「駄目かもな」って風情だったのだが。。。。


すっかり復活して元気満開。

先日、脱皮もしてバージョンアップで

さらにピュアホワイティボディ感アップでますます絶好調なご様子。

パン蔵家のプラスチック計量ボウルが即席のおうちであります。

毎日、チラッとでも目があうと、ショショショッとせかせか歩いて来て、

最近はやたら強気な元気な性格発揮で、

Vの字に広げたちーさいハサミをショキショキさせて

「やんのかー」

と、小さいくせに威張って戦いをいどんでくる可愛い奴になりました♪

おまいのハサミに挟まれたってちっとも痛くないんだYO♪
(そのうち、そーもいってられなくなるとおもうけど)


ザリコさんが脱いだ殻。


あとでショリショリショリショリ、一生懸命ザリコが自分で食べていた。

日焼けで剥いた皮をつい食べちゃうのと同じ心理?  いやいや爪切りで切ったあとの

爪を齧ってみたくなる感じ? 大きい鼻くそがとれた時、、(自粛)

そうではなくて脱皮後は殻が柔らかくて傷つきやすいので、カルシウム補給で脱いだ殻を

食べる習性があるんだそうです。

ザリコの隣(の隣はヒドジョウさんの暮らすシチューポット住宅)に住んでいる

熊顔無精髭フェイスの癖に、なぜか最近パン蔵家のアイドルに浮上した

クラウンテールベタのオジ蔵氏。ヒドジョウさんたちの遊んでる様も見守っていたが、

ザリコの脱皮する様も、一部始終見守っていたヨ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

必死なヒドジョウちゃん達〜。

最後の最後に救出されて、パン蔵家に搬送されてきた

ヒドジョウさん2匹のお話。

一緒に発見されたミニブッシープレコ、アカヒレ、メダカ、

と一緒に、

取りあえず、モテニー(テトラオドン.サリバトール)

とブルーダイアモンドラミレジィの住む水槽に居候させられた被害魚の面々

(相当弱っていたもので、残念ながら、その後、すぐにアカヒレとメダカは死亡)

いかにブクブクのいらないお魚たちとはいえ、5日も壊れた店の中にいたもので、

生き残った面々も相当弱っていた様子であるガ。。。。

プレコさんもヒドジョウさんたちも、2日もたてば回復して、

餌もモリモリ食べるようになりました


。。。。というか???


元気になったはいいが、どーやらプレコさん、この小型水槽内で

かなりアウェイな存在だったらしい。

っていうかそもそも図体デカイし。汗

いつも暗闇にひそんでいて、時折ゾゾゾと出て来たり、突如ガバァッと

動いて流木揺らしまくるプレコさんのガサツな動きっぷりに、

先住の小さい人々(モテニー、ブルーな方々)もタジタジで、

みなさんすっかり落ち着かない風情で、ひいてるご様子。

ブルーな人たちなんて、なんだか常に恐そうにしてつるんでるし、

ストレスから?色も綺麗じゃなくなった気が。。。。。

それだけならばまだいいが、どうやらヒドジョウちゃんたちは

プレコにいじめられているみたいで、強烈に脅えてくらしておりました。

気がつけば、ヒドジョウちゃんたちの鰭齧られまくりの

ぼろんけちょんのつるっぱげで、

まるで靴ひもみたいになっちゃいました

(これはモテニーの仕業説もあり)


本来ならば砂をしいてやると潜りたい性分だった

みたいですが、あいにくとベアタンク。。。

しかたなしに、ヒドジョウさんたち、苦肉の作?で

葉っぱの中に潜んで紅葉のフリをしたり


平和の象徴?ピンクリボンのフリをしたり、


ヒーターの管のフリをしたり(力んじゃったか? う○こをもらしています。

管はう○こしない! おしい!!)

必死に隠れておったのです。

数日経って、よーやく事態に気がついた、餌係パン蔵。

慌ててヒドジョウちゃんたちを即席あつらえの

シチューポットのおうちに非難させてやりましたとさ。


「もちょっと早く気付いて欲しかったジョーdash


やれやれといった風情のヒドジョウちゃんたちですが、

なんだかみるみるくつろいだ顔に見ゆる。

ヒゲのもそもそぶりがおっとりしてきましたから。

最近は、すっかり暢気なムードになり、

毎日いちゃいちゃクネクネひっついて遊び、

アカムシが降ってくれば、嬉しそうにジャンジャン踊り食いして、

幸せそうに暮らしております。まあ、まだ鰭つるっぱげの靴ひも状態ですが、

すぐに治るでありましょう。

よかったよかった。てか、ごめんよー。ヒドジョウたち。

(それを見守っている役一名。 ベタのオジ蔵氏)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »