« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

モテニー、オトナになる。


久々にうそっこ水草ペタンして昼寝していた、インドマミズフグのお局

フグニーさん。


目もほぼよくなったみたいな? 



えーと、この太々しい面構えでロングう○こを漏らしているのは、

3日前から居候している、青いお魚です。

たしかお店で体調くずしてて静養に来た筈なのに。

居候先のアベニーパファー水槽では

元気いっぱい餌はガツガツ食べまくるわ、

節操なくう○こはしまくるわ、

住人の善良なアベニーの中年2名をドンドン突き飛ばしていじめまくるわで、

やりたい放題暴虐武人ぶりに困り果てた餌係兼飼い主のパン蔵により、

やむなくカリノテトラオドン.サリバトールの小学生、モテニーの水槽に

引っ越しさせられたのでした。


弱った中年のアベニーよりかは、若いから乱暴者との同居も平気だろう、と判断された

モテニーですが。。。。

コワモテだけど大人しい性格で、人間が側によると

いつも「こわい〜〜〜〜」ってな風情でお尻尾を曲げて向こうをむいちゃう

気の弱い少年なので、ダイジョウブかなーと心配でした。


初日は、気の強い青いお魚に隅っこに追いやられ、

囲まれてカツアゲされていた模様で、


「僕、こわい〜〜〜〜〜」

と、そーっと葉っぱのお布団に潜ってブルブルうち震えて隠れていたモテニーですが。


なぜか翌日、突然強くなり、


のうもうとのさばって油断していた居候2名を

いきなりババーンと突き飛ばしてビビらせ、

餌タイムにも、いつもなら餌がまかれてから、

怖々出て来る感じなのに、バーンと率先して前に出て来て

「まずは僕がお腹を満たしてからだっ」

と強気のかまえ。


そして、スキあらば先に貰おうとする青いお魚をディフェンスしながら、


豪快にアカムシをジャンピングキャッチ!

むしゃむしゃっと豪快に飲み込んだのち、真正面から餌係パン蔵をキッと見据え、

「どやっ」

とドヤ顔したのでした。オー、グレイト! ストロングパファー!

青いお魚たちは「スイマせん、スイマせん。アニキ、ご相伴にあずかります」

と、急にペコペコしながらこそ泥みたいに落ちたアカムシを食べていました。


あの恐がりで隠れ魔だったモテニーが。

「フグをなめんなよ!」

惚れ惚れするほどの成長ぶり。うん、それでいい。だって君はフグだもの。

モテニー、ひとつオトナになるの巻。


(ちなみに、青いお魚さんたちも、飼ったらとっても綺麗で可愛いので、

近日お店に戻った際は、ぜひ見に来てくださいネ♪)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

フグニーにチュウ♪

今日も頑張ってカーニバル吸い込み食いした、

一時的失明中なインドマミズフグのお局フグニーさんに

チュウkissmark


静養で居候中のブルーなんとかってお魚さん2名ですが、

強気な性格らしく、アベニーパファーの中年2名の餌を横取りしてモリモリ

平らげたあげてしまうわ、ツンツン突きとばして中年いじめをするわ、で、

アベニーさんたち、悲しい目で項垂れ、

パン蔵に必死のアイコンタクトするようになりました。

困ったパン蔵は、しかたないので乱暴者2名、カリノテトラオドン.サリバトールの

小学生、モテニーくんのおうちに引っ越させることにしました。

このこなら若い元気だし、おっとり中年アベニーよりは俊敏に餌も取られず対抗できるかも?

とにかく、困ったもんだ。

強気な青いお魚さんたちには、早く太って健康体に戻って、

とっととお店に帰っていただかないとなー。

さて。。。。


(直後、同居が始まった3匹ですが。モテニー、早くもいじめられている

様子で、そーっとボロ雑巾なマジックリーフの中に潜り、木の葉の術で

隠れてました。困ったなー。まったく)


震災疎開ウパのウパオ、まだ我が家に身を寄せています。

最近は暑さのせいか(ごめんね! ウパオ)、餌をあんまり食べてくれず、

ピンセットで口元に持って行ってやっても、ウパの餌も、カーニバルも、

がま口みたいな口をんーっとつっぱり「餌、やーのぉ!」と嫌がります。

なんとか冷凍アカムシだけは、むしゃっ、むしゃっ と少し食べてくれるので

それでなんとかしのいでもらってますが〜。

ウパオの飼い主さん、秋になってウパオがお家に戻った時、

アカムシしか食べないこになっていたら、ごめんなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フグニー、今日はがんばった


相変わらず、未だに一時的失明中のインドマミズフグのお局フグニーさんだが。

本日、正面からの写真を見たひとに「まんぼう?」と聞かれた。

「うー、マンボ!」@フグニー


給餌タイムになると、気配と匂いで解るのか、

ニコニコ寄って来るフグニーさんだが、

やっぱりまだよく見えないので、うまくカーニバルが食べられない。

毎日ピンセットで直接お口に入れてあげる飼い主兼奴隷のパン蔵です。

しかしフグニー、今日はがんばってお尻尾まげて集中して、水に浮いたカーニバルを

吸い込んでましたヨ。

時々疲れて「いらにゃい」って諦めるけど、なんとか3個は吸い込み食いできたよ。

えらいえらい。

段々回復してきている証拠だろう。きっともうすぐ目治るヨ。


「えへheart02



そんなお局の闘病生活も知らず、本日も強気でいきております

鬼っこベタのシロ蔵くん♪ 餌を与えようとした

親切なパン蔵に向かって、浜田雅功なみのメンチ切りまくってきます。


「やんのかッ、ゴルァ。アツがナツいぞ! イライラするぜ! ケンカだケンカだ」


本日のテトラオドン.サリバトールの小学生、モテニーくん。

最近はうそっこ水草の中に挟まって寝るのが落ち着くらしい。

死体かと思うのでやめて欲しいですが、本人快適らしいんで、

まあヨシ。


おとといからアベニーパファー水槽に居候しているお魚さん2名ですが、

(名前忘れた。ブルーなんとか)

居候のくせに大きな態度で長々とう○こをするわ、餌をまけば走ってきて

ジャンピングキャッチするわ、えばった顔で土管の上でグーグー寝るわ、

やりたい放題です(たしか体調くずして静養に来ているはずなのであるが、

どこがじゃ! という剛胆っぷり)

アベニーの中年2名、若干とまどっている様子です。

いじめられたり、餌をよこどりされたりはしてないみたいだけど、

なんだか不服らしく、いつもは餌係パン蔵なんざシカトなのですが、

このところチラチラ視線を合わせてきて、何やら言いたいことがあるみたいです。

まあ、もう数日経てばすっかり元気とみなされて

お店に帰ってゆくお客さんなんで、我慢ちてください。

魚のう○こウォッチャーのパン蔵は、フグさんたちと違ってロングう○こをする

お魚さんたちに、ちょっと興味を示しているこのごろですがネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまた患者?さんが搬送されてきました


少しづつ回復しているみたいだけど、未だに半分失明状態のインドマミズフグのお局

フグニーさん。餌係パン蔵が側にくと、気配は解るので寄って来るけど、

「ん?」

って表情。

餌もあいかわらず、カーニバルをピンセットで直接給餌です。おじいちゃんみたいに

アワアワしながら、とりあえずいっぱい食べます。

でも、とりこぼした餌は見えないみたいで、全然食べられませんで、

ずっと水に浮いてます。


困ったねー


おとといの夜、またまた御店で調子くずしたとかいうお魚2名、搬送されてきました。

アベニー水槽に同居となりましたが、フグとベタ以外のお魚のことは全然解らないんで、

ちゃんとお世話できるのか不安です。

アベニーのおっさん2匹は「なんなの? このひとたち」って不審な目つきで、いつもより

いっそうつるんでチラ見の体勢です。調子をくずしているという筈の新入り2名ですが、

なぜか全然元気そうで、もりもり餌を食べ、豪快なう○ちをします。

日に日に態度がでかく、アベニーさんのおうち(土管)の上に陣取って、

「取ったどー」ってな顔でいばって寝ていたりします。

(アベニーさんたちの居場所は最近、土管の中か地面なので、住み分けは出来てる
みたいだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フグニーさん、ちょっとづつ回復する

あいかわらず、一時的な失明中のインドマミズフグお局、フグニーさんですが。

毎日、餌係兼フグ奴隷のパン蔵が、せっせとピンセットで直接給餌なんて、

赤ちゃんを育てるごとしに世話しているので、飢える心配はありません。

「ほら、フグニー、カーニバルだよー♪ ほらっ、ここここ。惜しいっ。もうちょっと右」

と、パン蔵が励ますのがウルサイので、オットのMMが

「僕にも給餌しろ」

と見当違いなシットを炸裂させています。

まあ、何となく気配は感じるのか、ちゃんと寄って来るし、むしろあんまり見えないせいで、

普段なら「急にぬっと顔見せないでよ!」「赤い色きらいっていったでしょ!」

と、いちいちびっくりしてジャンプするのがなくなって、穏やかだわとも思う、

暢気なパン蔵であります。

少しづつ回復しているみたいなので、多分そろそろダイジョウブだと思います。

(ところで写真がぶれてますが、パン蔵の視界も悪くなっているわけでは

ありません)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フグニーさん、失明!

念願のフグマンション完成により、

貧乏所帯の飼い主一家の古マンション引っ越し計画より早々に、

快適で新築な広い家にお引っ越し出来た、果報者なフグ、

インドマミズフグのお局、フグニーさんですが。。。

サンゴ砂を全部取り替えたせいかバクテリアが足りないみたいで、

2日くらい死んだ目をして真っ黒になってご飯も食べないでおりました。

むしろ引っ越しが仇になったかのような容態ぶりに、

どうしたもんか〜と思いながらも様子を見ていたら、4日目になって、

ちょっとだけ落ち着いた様子でこっちを向いてくれるようになり、

餌を見せると何となく食べたそうにユラユラ寄って来るようになったので、

一安心と思ったのですが。フグニー、食べそうで食べない。

どうやら、フグニー、目が見えなくなったみたいです!

餌のいい匂いがするから寄ってはくるんだけど、落としてやると、どこにあるのか

解らないみたいで、いつまでもアワアワとやっている。

最初はただの拒食かと思っていたが。。。

もしかして! と思い当たった餌係兼飼い主のパン蔵は、

ピンセットでつまんで餌を口元につけるようにしてやると、

果たして、フグニー、もぐもぐもぐっとたちまち食べてくれたので

ありました。よかった! 拒食じゃなかった。

3年前、まだフグニーさんが幼魚だったころ、パン蔵がイタリアに行って、

一週間不在にした時も、やっぱりフグニーの目が見えなくなったことが

あったんで、今回ももしかしたらそうじゃないか、と思い出したのが幸いだった。

最初は引っ越しのストレスかバクテリア不足で拒食してたのかも知れないけど、

結果的に栄養不足になって、一時的に失明したという事らしい。

(イタリアに行った時はケッコンする前で、近所の友人に面倒みてもらいに通って

もらっていたのだ。フグニーには乾燥アカムシを与えていたのだが、

食べ残しが腐って水が汚れるのを恐れて、すごく少量だったのである)

いやあ、心配したけど、今後は餌を口元に持って行ってあげる方式で給餌し続ければ、

多分数日で回復するであろう。ごめんね、フグニー(世話の焼けるフグだ)。


「よしよしheart02

こちらも4リットルの仮設住宅から、突然16リットルの広いおうちにお引っ越しした

ラッキーボーイ、カリノテトラオドン.サリバトールの

小学生、モテニーくん。

広くなっても、相変わらずねんねするのは、ボロ雑巾みたいな葉っぱの下。

「ここがおちちゅくの。モテモテ」

好きにしてください♪


そんなこんなな、

ご近所のみなさんの諸々のことは、全然我感ぜず。今日もワルワルと砂を掘りまくる

南米淡水フグのワルニーちゃん。

「ワルワルッ」マイペース(多分B型)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに完成しました♪

うわっ、びっくりした!


「あのねえ。。。。」ニタニタ


フグニーさん、うれしくてビッグな笑顔でご報告です。


「やっと、やっと、例のアレが完成したのよー!」ニタニタニタニタ


えっ、例のアレってなんですか???


「例のアレったらアレよ! もう4ヶ月くらいも放置で、いつ完成するやら、

スカイツリー完成よりも、じりじりじりじり待ち望んでいた、あたちたちのアレ!」

そう! フグマンションです!


豪華3階建て6部屋である!わーわー


もうずっと、被災地のみなさんの仮住まいのごとし、

ウサギ小屋ならぬフグ小屋と呼ばれるセマセマ住居を与えられ、

いつ壊れるかも解らぬ、足下グラグラな骨董品的書き物机の上

(と、パン蔵のタンス)にむりやり密集。

通称フグ長屋生活を余儀なくされて、我慢の日々を送っていた

パン蔵家のフグさんたちですが。。。


「ああ、いつか広いおうちに引っ越して、快適なマンション暮らしになりたい♪」

種はちがえど、一同団結の思いで、願うことはひとつ! ってな状態でした。

窮屈すぎて隣の水槽のフグのびっくりジャンプに呼応して、びっくりの連鎖が

起きるほどの近距離設置、背の低い書き物机に置かれ、昼なお暗い陰気くささ、

重みに耐えかねてか、書き物机の足が運動不足のパン蔵の足よりグラグラフニャフニャ

してきたこと、

もうずっと、このままキケンが心配なまま、ずっとなのだろうか、

半ば諦めかけていたこのごろ。

段ボールに入ったまま、何ヶ月もリビングに放置されていた

大型水槽&エレクター&板を用いて、

ついに、MMがその重い腰をあげ、長年のフグ長屋の住人(とパン蔵)

のドリーム、豪華フグマンションを建設してくれたんですよ!


わーいわーい♪


(ひっこししたてで落ち着かない、元フグ長屋のひとたち)


それにともない、インドマミズフグのお局フグニーさん、チーママのマミーズ3号ちゃん、

カリノテトラオドン.サリバトールの小学生(推定)、モテニーくんのおうちが

広くなりました。

(って、アレ??? 他の面々は移動しただけで同じ〜。がっくし)汗汗。


4リットルの仮設住宅から、イッキに16リットルのおうちにひっこしたモテニーくん。

どこにいるやらゴミやら葉っぱに混じって、よくわかりません♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

死んだふりをするアベニーさんに翻弄される

元気なんだか弱ってるんだか、よく解らないアベニーパファーのおっさん2匹(ホモ)

アベニューくんは1日の大半を土管で寝ていたり、時々フィルターとガラスの隙間に

挟まって白くなっていたりする。


「はさまって死んでる!」


毎度ドキッとさせてくれるのだが、

あああ、、、なんて、怖々フィルターをどかしてピンセットでつついて救出してみると


「ん、、、あ??」

単に寝ぼけていただけなのである!

どうも何かの拍子にびっくりしてジャンプして挟まっちゃうらしく、そのまま

寝てしまうのだ。

「死んだフリ禁止!」

餌係パン蔵の怒号轟く。

土管くんは土管くんで、明らかに青春のシンボルではなかろう

微妙に気になるアゴにきびがずっとあるし。。。。

もともと里子で来た時点で何才なのかは解らないが、中年であることは

まちがいのない世代。心配はつきないのである。

おっさん2匹は餌も食べているんだかいないんだか。少なくとも餌係が見ているうちは、

ごはんの冷凍アカムシをまいても食べないのである。

毎朝、いい感じのフンが何個か転がっているので、まあ、

見てないスキに、何本かは食べているみたいだが。。

そんなこんなで「調子わるいんじゃないか?」

と毎日ドキドキ観察しておるのだが(そもそも里子で5匹引き取ったうち、

すでにもう3匹他界させている。。。。。)

気がつかれないように近づいてそっとうかがうと、こんな感じで元気に

ビュンビュン泳いでたりするんで、やっぱり元気なのかナー???

とりえあえず仲がいいホモ2名なので、末永く生きていてほしいものだ。



そんな餌係パン蔵ですが、産直のおっちゃんの店の「アメリカの佐藤錦」つう桜桃に

ハマり、この夏は桜桃貧乏決定であります。。。うぐ。

借金してまでも、、、てんじゃマズいんで、毎日食べたいところをグッとこらえて、

「赤いし丸いし似てるから」

なんて、プチトマトで(目だけだが)ごまかしているのである。


そんな、ちょっと不本意ながら負け犬メニューに認定されたプチトマトさんの主張

「冷や麦に乗せて美味いのは、オイラの勝ち!」

確かに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカの佐藤錦♪

アメリカの佐藤錦。この夏パン蔵を独占している魅惑のフルーツである。

ああ、アメリカの佐藤錦を茶碗一杯持ってワシワシと食べてみたい。。

ささやかな夢を叶えたヨ!


フグ長屋の住人は、今年の節電&猛暑の厳しい夏も、がんばって

ニコニコ半笑いでしのいでくれております。

節電のご時世後ろめたいことこの上ないですが、水温28度ギリギリキープの

ため、やむなくエアコンつけっぱなしのパン蔵家です。

しかし、以前はワンルームだったから一基でまかなえたけど、今は3つ

部屋があるので、ちとむつかしい。パン蔵部屋のエアコンが新しい奴なので

消費電力が少なかろうってんでつけっぱなしになっているのだが、

これだけでは、フグ長屋のあるリビングとMM部屋はあまり涼まないのだった。

そして、一日中エアコンつけっぱなしで、パン蔵はむしろ冷房病気味。。

うーむ。

毎年冷房問題には頭を抱えるパン蔵であるが

(専用のクーラーとか入れたらいいのでは、と思いますが、

9個もある水槽全部にクーラーつけたり扇風機つけたり←(これは主に音がうるさいから)

できないですからねえ)

ともあれ、今年もフグ笑顔とともに夏が越せる幸せを噛み締めてもいる。



本日のモテニーさん(カリテトラオドン.サリバトールの小学生)


んー、ってな風情で餌係をしげしげと観察していますが


(あいつ、見たことあるカモ。餌くれるカモ)←モテニーの心の声


いつでも逃げられるように、お尻尾は警戒中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔本♪(フェイスブック)


「どうも。。。。私は誰でしょう???」


「ばあッ。フグニーです♪」

ニタニタしながら腹から登場する魚、インドマミズフグの

お局です。本日も水温28度キープで元気にしのいでます。

ファンもクーラーも設置予定ない(おもに金銭的余裕ゼロ事情&コンセントの穴不足により)

パン蔵家は、今年もエアコンつけっぱなしでス。

節電モードなご時世に贅沢してすいません。

狭いうちに水槽が合計9個もあるのが、未だによくわからない、

むしろフグ長屋に身を寄せる居候気分な貧困夫婦です。

フグのニタニタ笑いに囲まれる暑苦しい幸せに満ちた夏が今年もむかえられて

嬉しいデス。



パン蔵がハマっている「アメリカの佐藤錦」

1日食費が五百円(二人分)のパン蔵家において、

産直のお店で1キロ1000円もする高級品である。

アメリカの佐藤錦、、この響きを舌の先に乗せるだけで、

ああ、、、ああ、、、、♪マーベラス渇望!

オイラの脳は完全にアメリカの佐藤錦にロボトミー手術されてしまいました。

私は毎週、産直のおっちゃんの店の前を通るだけでドキドキ胸が(つうか胃袋が)

轟いてしまう。

そう、まるで中学生の初恋のよーに。。

さて、そんなアメリカの佐藤錦への愛を、フェイスブックでたらたらとつづってみた。

未だに使い方がよく解らないけど、フェイスブック、もちょっと活用しないとナ。



本日のモテニー(テトラオドン.サリバトールの小学生)


大分模様がキレーにしましましてきましたよ。

相変わらず、逆しの字になって逃げてゆくけど、かわいー奴であります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あづいせいなの??


鬼魚ベタ兄弟の弟分、(高級)パールな容姿が高貴で

優雅なshine真珠王子annoyシロ蔵さん。

いつもはわけもなく、餌係件飼い主と目が会う度に

「やんのか、やんのか!」

と因縁つけて前に出て来る面倒クサい子なのですが、

暑いせいでしょうか? いつになく寝てバッカなよーな。。。

昼間であろうと、幾分ムッとしながら葉っぱのおふとんに寝そべっております。


暑いせいでしょうか?

またしてもアベニー水槽のひとたちのご飯食べが

悪くなってしまいました。

マジックリーフを減らしたせいかナー(あわてて元に戻してみた)

今度はアベニューくんが、なんとなく大人しくなってきたゾ。

(あんなにラブラブだったホモのかたわれ、

土管くんは知らん顔で、元気いっぱいな様子でブンブン蠅泳ぎをしている)

アベニューくん。。。。隠れるようにして、じっとして動かない(不安)


しかも、その場所はつい先日、腹水病になって死んだクマちゃんが


死ぬ間際にずっといた場所じゃないか!!!(不吉)

ま、まさか。。。アベニューくんまで!!!死なせてしまうのだろうか!!


どうしたらいいんだろう??? 水温28度。。


心配なので、消灯後、夜中に見回り。

すると、、、あああ))) やっぱりいるう。さっきと同じとこ。。。

ギャー)))まさか!!!!


もしかして、もう死んでいたらどうしようsweat02。。。。


って、よく見ると、なぜか土管くんと入れ替わっていたよ。????

なんなんだ???おまえら。


(土管くんのアゴの舌のニキビみたいなのも実は気になる。

わりと来たときからというか、ずっと前からあるけど。

一説によると、栄養過多のアベニーに出来てしまうものらしい。

病気じゃないみたいだが)


ともあれ、アベニー水槽、どうしたものだろうか?


何かがイケナイことは確かなのだが。。無知な餌係件飼い主に、

どなたかヒントを!!!!(また死なせてしまう前に)


土曜日は、知人Tさんの結婚&ベイビー誕生&生誕50年&新刊出版祝いパーティーだった。

一次会は湖面のカフェで、

主役はなんと、意表をついて湖からボートをこいでの登場だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あづい

あづい
フグニーさん、なにかいいたげです。「暑くてバーコード頭からもゆげでそう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »