« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

カンフーまつりな宵とかフグたちとか

インドマミズフグのお局、フグニーさん、

久々のお目見え。。

ババーン。

大顔面

あんた、最近あたちのことわすれてたんじゃ

ないの??

(ジロッ)

とにらまれましたが。汗。

そんなことないです!

(笑)

たしかに最近、震災疎開ウパだの強面ベイビーだの、

新入りさんご入居おおわらわ。

にともなって、旧フグ長屋を取り壊し、

再開発してフグマンション建設するか、、と景気よく計画

したものの。資材運搬用の、いつも快く貸してもらっている

ワインやさんの軽トラックさんが、まさかの路上炎上にて

使用不可能となり、計画頓挫中という憂き目。

「不憫な暮らしさせてごめんよう」

なんて、ついつい新入りさんに卑屈な態度で、

お局ほったらかしでかまいまくり、ちやほや

あまやかしていた、、、???

いやいや。そんな!

新しいデジカメの「ミニチェアモード」で

撮って見たお好み焼きディナー。

お好み焼きがおもちゃに見えますかな?

昨日は選挙に行くのも忘れて、習っている(休んでるけど)

中国武術、コウドウ派武術演舞会鑑賞。

の、後。

アーバンなデザイナーズマンションにて、デリバリー韓国料理

のステキディナー&カンフー映画鑑賞会。

新年早々、禁酒歴19年の叔父に

「酒乱は病気とちゃうでー。だから治らんのや。

一生の付き合いやで。おっちゃんもなあ、19年経った

今でも一滴でも飲んだらしまいやろなー♪わあはは」

と明るいアドバイスをいただき、これを神になりかわって

くだされた啓示と真摯に受け止め、

アルコールとさよならして、

ワインバーにて数々のうまいワインと、それらにイチイチ

合う料理がどかすか出てくる

キケンな、否、ステキな宴であろうと、

かたくなに自分はペリエで我慢。

はたまた、ある夜はハーブティーのすっぱい草の喉越しに、

酔いとは違うアッパーなテンションがもたらされる効果が

約束されることを発見し、

そこに活路をみいだしかけている日々のワタクシ。

なんでか、今宵のカンフー映画、

「酔拳」「酔拳2」デス(ケンカうってんのか?)

さらに今週は試写会で「酔拳 レジェンドオブカンフー」

つう、ユエンウーピン監督の新作を鑑賞予定だし

(ワンチャイ4以降、ジェットリーから引き継いだ二代目フェイフォン

役、チウマンチェク主演。。。あまりに地味で劇場公開される

のが不思議なほど。マニアなパン蔵はワクワクですが)

なぜ酔拳しばりな日々?

「酔えば酔うほど強くなる」

「酔うと痛みも恐怖もなくなる」

なるほど~♪ 観ただけでなんだか気が大きくなってきたよ。

お酒ってすごいや!便利だね。

じゃあ、飲んじゃえ!!!

って、ダメダメ!!!

(己れの心の弱さを、

人生に試されているような気分の私)

本日のモテニーさん

(カリノテトラオドン.サリバトールの赤ちゃん)

食べ過ぎておなかでっぷり♪

「ゲフー」

今日も強面でバブバブと元気です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウパオの飼い主さんへ。

震災居候ウパのウパオさん。

飼い主さんと離れてひとり寂しい里子生活ですが、

気丈なご様子に元気です。

(キョトン顔)

っていうか、大事な預かりウパさんだというのに、

エサやりすぎ?で太らせてしまいました。汗。

パン蔵家に身を寄せてきた当初は、お互い

「突然意表をついた動きをする挙動不審な奴」

と感じてたみたいで? イマイチ絡みづらい

つうか、心の通じない相手だなあ、

なんて思ってたんですが。。。。

しかし、最近のウパオさん、

パン蔵の存在に慣れてくれたのか、

エサの容器を出すと半身起こして、

まちわびるしぐさをしたり、

指をおいかけて、ワチャワチャッと手を伸ばしてきたり

するようになったのです。

やんわり交流もできるようになり、かわいくなってきた

この頃です。

でっぷり。

そんなウパオさんの横っ腹のでぶり感。汗。

写真を撮っていると、ウパオさん、

なんのつもりなのか、

突然のびあがってみたり、

はいつくばったりしてみせてくれました。

相変わらず、何を考えているのかわかりません。

ウパオが太るのも無理ないわー。

だって毎食、これくらいペロリですもん!

。。。。。

うそです。

これはある夜のMM社長のエサ。

筑前煮&紅茶豚サラダ(とごはんとミソシル)

本日のモテニー。

シャドウ入りまくりのマジンガーZ顔で ねんね

(壮絶な表情ですが、どーやら本人グッスリらしいです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地震の爪跡?? ってか堀り後?

地震から1ヵ月。。。。

南米淡水フグのブサメン№2、

万引き少年フェイスで、

いつもおむずがりな

ご様子のワルニーちゃんですが。。。

アレ依頼、水槽のすみっこにボボボッと

必死に毎日穴を掘り腐っては、

ひとりで疲れてハァハァいいながら、

一日中穴の中で暮らして

います。

ワルニーちゃんは片目がつぶれて見えないので、

他のフグメンたちより、地震こわいッ)))))))

の気持ちが強かったのかもしれません。

先日の余震の後も、動揺してボボボっと一心不乱に

ウルトラサイクロン穴堀り始めちゃいましたし。。

フンも散らかるし、砂の中のゴミとかも舞い上がるので、

できればやめてほしいのだが。。。

どうしたらワルニーの心を沈めてあげられるのか、

ダメ飼い主兼エサ係りにはわからないのである。

とホホ。。。

そんな弟分ワルニーを見舞う、ブサメン№1、

ちょっと頭の涼しい兄貴、アゴニーちゃん。

「元気を出せ出せ。アゴアゴ」

見舞った後は、穴の中に

うんこを漏らして去っていくのであるが。。

残されたワルニーちゃん、憮然。。。。

「ワル。。。。。。」

本日のカリテトラオドン.サリバトールの赤ちゃん、

モテニー。

相変わらず、ねんねの時は、ヒーターの下デス。

近寄るとフラーッとにげてゆきます。悲。

でも、最近はちょっとだけ、エサどきになると、

前に出てきたり、

まっすぐこっちを見てくれるように なりました。

赤ちゃんなりに、ようやく、これからの魚生に

諦めがついて腹くくったって、

とこですかね。

正面顔がシャドウ入りまくりで、昔のイケイケ女子な

ジュリアナ化粧つうか、 まるで人面ギョで怖いところが、

また妙にいじらしくて、なぜか可愛いと思えてくる

パン蔵なのデス。

早くなかよくなろーなー。モテニー。

モテモテ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日のモテニー

カリテトラオドン.サリバトールの赤ちゃん、

スジもの顔した強面フグなモテニー。

どうやら、毎晩、寝るのはココ! と決めたらしいが、

昨日の地震の後も、怖かったのか隠れていたよ。

フグも地震は怖かったのである。

かわゆす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モテニーが厳しい顔でねんねしている

ZZZ

セマセマ仮設住宅にて、ヒーターの下を

寝床と決めたらしいサリバトールパファーの

赤ちゃん、モテニー。

「傷だらけの純情」?

寝ているときですら、片時もドスを手放さない

任侠者風情な、筋だらけの険しい顔で熟睡中ナリ。。。

薄ら笑いのひとたちに、見守られ。。。。

フグフグと無事に成長して欲しいものだ。

震災居候のこのひとも、ニタニタと笑いながら、

赤ちゃんをねかしつけています。

てなわけで、 あいかわらず写真が全然うまくならない

パン蔵である。

最近では、買ったばかりのこのカメラ、

もしや不良品じゃないかとすら、 うたがっている始末。。。

エサを食べちゅうのオットとかいう人物を、

盗撮してみたが、 こんな大きな被写体だというのに、

ブレている。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モテニー登場

(前回の続き)

てなわけで。。。

実は、

このたび、

震災居候ウパのウパオさんに続き、

股してもパン蔵家に、新たなる同居魚が増えました。

shineサリバトールパファーの赤ちゃん、モテニーさん(推定オス)heart04

であります。

モ、モテニー!!!

なんだか脳科学を学んでそう?つうか、

イケメンでモテそうな名前だ。

水槽の中で涎たらしてニタニタしてたりへらへらしてたり、

常に半笑いな不真面目メンツの多い、だらしな空気満タンな

パン蔵家フグ長屋において、こやつ、場違いなほど、

きわだって厳しい真顔です

「人面ギョですか??え、えとすいません!!!!」

的思わず意味もなく謝ってしまいそうな?

Vシネの任侠もの風情カオ中むこうキズ模様の筋だらけな

渋い表情に、ちょっと

「な、なじめるかしら?」

とふまじめなパン蔵はドキドキです。

いや。

きっと、新入りも新しい魚生のとばにたち、

緊張しているのでありましょう。

きっとそのうち、パン蔵家のふまじめ空気にも慣れ、

ヘラヘラのニヤニヤになって、半笑いでえさくれダンス

なんかもしてくれるまでに

うちとけてくれる日もくるでありましょう。

コワモテですが、名前は軟弱♪

モテニーという名は、引き取る前から決まっておりました。

なんでかっつうと。。。。

もしかしたらフグ愛同好の士にはピンと

くるかもしれませんが。

なんとこやつ、伝説のフグマスター、フグ飼い界のパイオニア、

「モテモテヒルズの買い物日記」のし猫さんが、卵から

育てたサリバトールパファーさんなのであります。

わわわ)))))

パン蔵もネットを通じて卵のころから成長を見知ってきたという、

あのこが、なんの因果か、パン蔵家フグ長屋に。。。

「あのちいさかった子(つうか卵)がねえ。。。。」

とか毎日、不思議な気分で目を細めております。

ちょっとした親戚のオバちゃん気分?

今後、新人モテニーともども、我が家のお魚たち、

全員、天寿をまっとうできますよう、

大事に育てていこうとおもいまーす。

さて。

モテニー入居にむけて。

くだんの震災ですでにグラングランになり、

今後震度1度の余震でも崩壊するのでわ? とドキドキ

物件なパン蔵家おんぼろフグ長屋も、ついに取り壊し、

再開発の計画も立ちました。

フグ長屋跡地には、リッパなフグマンションが建設予定で、

それにともなって、大御所フグニーさん、中老マミーズ3号ちゃ

ん、ついでになぜかベタ蔵のおうちが広くなり、グレードアップする

というめでたいはこび。。。。ばんざーい♪

(とはいえ、フグマンション建設計画。なんと、ホームセンターに

行くための軽トラが煙を吐いて故障して必要なものが

買いにいけない!という漫画かよ?

な理由でもって、がっかりに頓挫しておる有様です。

よって、モテニーさん、現在セマセマな仮設住宅に仮入居中。

スマン)

最近土管に隠居な、老?アベニー軍団のクマちゃん。               

                           

フラッシュを炊いたら、びっくりして「目が点」

寝込みを襲ってスマン寝。

                     


「家政婦は。。。。」

「見た」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新参魚ケンザン???

あいかわらず新カメラでの写真ダメダメ。

ブレブレの心霊写真ばかりがメモリに貯まり、

恐怖にうちふるえる日々である。

でも、ホラ。

止まってるお魚なら撮れるみたいなんです

けどネ

って、これは、

どっかのぼっちゃまのオフランスみやげのチョコ製おちゃかな

デスけどー。

このチョコ、

びっくりしたことに子持ちである。というか胃の中に、釣られる

直前に食べたエビだの小魚だのをたらふくしこんでいるという

猟奇的というか趣味ワルというか、リアルテイストというか、

ブラックなエスプリきいたしかけありなお菓子なのである。。

んー、これが門パリテイストって奴?♪

いや、それよりも、お菓子を机の上にじか置きはどーかと。。。)

おや、マミーズ3号ちゃんが、得意の「巨人の星」の

お姉ちゃんのポーズで、 フグ長屋の隙間から、

なにやら心配そうにみまもっていますよ。。。

パン蔵家の瞬間湯沸かし器、

鉄火肌でイラちっこのクラウンテールベタ、ベタ蔵も、

「おうおうおう、てやんでえ、誰でえ!」

ってな声をあらげ、しきりに誰かに威嚇していますよ。          

                                                  

「ボ。。。ボ。。。ボク。。。。ナニがおきたのかエヘエヘ」

震災居候のウーパーのウパオさんも、

風呂上りの爺さんみたいな貧相な体をもたげ、

ニヤつきながら、そわついております。

ん、ウパさん、ウパウパと小声で秘密をもらしてますよ。

「新入りさんがキタ、ウパ」

え? 

新入り??????

?????!!!!!!!!

(かみんぐすーん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いまだフグ撮影むつかしす

あいかわらず、水槽をさまよえる青カビまみれの

饅頭の残滓、否、フグの心霊写真を毎日、山ほど

撮っては、確認するたび恐怖の悲鳴をあげてしまう

という、

もはや心霊カメラマンを名乗るしかないパン蔵です。

写真のモデルはインドマミズフグのお局

フグニーさん。。。

むろん熱帯魚撮影に最適なマクロを使って撮ったの

デス。小さすぎないし動きも鈍いから(デブだし)

ブレるはずがないのですが。。。

かわいい熱帯魚サイズをゆうに肥え(否、越え)

すでに築地卸し市場にてフグ料理屋で取引されるに

充分な食材サイズにまで成長した彼女ですら、

このありさま。。。

熱帯魚撮影に最適なマクロ撮影って何?

てか、フグニーには

いらん機能?

逆に、もっと大きな被写体ならば、

うまく撮れるんジャマイカ?

マクロで小さい動く生き物たちを撮りたいって、

最初の野望は一旦捨ててみようー。

てなわけで、

フグニーさんよりも、ちょっと大きい動くいきもの、

姪っ子2歳をスポーツモードで撮影してみましたが。。。

やっぱり、ブレブレです!!!

うーん。。。

これは。。。

絶句。

根本的に、被写体が動くせいじゃなくて、

撮影者の手もとが 尋常じゃなくブレているんじゃないか、

という結論にいたってしまった。

ということは。。。。

私はもしかしてパーキンソン病を患いかけているんじゃないか?

まさか。。。!!!!と、そんな大げさな不安にまで発展。。

再度、熟睡中のフグニーさんの寝込みを襲って、

マクロで激写してみる。

お、撮れた。(あんまり)ブレずに。

なるほど。でも、あんまり面白い写真じゃないね。

やっぱり動いている生き物を撮るのがむずかしいのカ。。。

「いや、そもそも。ガラス拭こうよ。撮影のまえに」←被写体の声

今度はフラッシュをつかって撮ってみた

マミーズ3号ちゃん。

さすがにくっきりしておりますが、

なんだかメタリックで

生体感薄れました。

いや、もしかして、3号を撮ったつもりが、

フジテレビの球体を

念写しちゃったのかもしれません。

「ふいをつかれて長嶋茂雄デス。ン~」←ショックを受けて

長嶋茂雄ゴマ塩髭増量。

まだまだ練習の余地あり。スマン。

リコーCXのせいじゃないんだ。きっと。

で、 そうこうしているうちに、なにをかくそう、

実は新カメラで遊んでいる場合ではないのだった。

来週、新メンバーが入居するはこびなのであります。

最近、よーやく震災被災魚イマイチナニを考えているやら

不明な、うーパールーパーのウパオとの不毛な関係

(そもそもウパな毛がない生き物)も、

パン蔵がエサの入れ物を見せると、半笑いのかおをもたげ、

ウパオがパントマイムの動き でエサをまちわびるようになるという、

思いがけないくらいに心温かい交流が

できるまでに発展してきたこの頃で

すので。色々一安心したところに、息をもつかさぬ展開デス。

新人到来にむけ、フグ長屋取り壊しの大改装計画勃発。

フグニーさん、マミーズ3号ちゃん、ついでになぜかベタ蔵までも

立ち退きついでに、おうちも広くなって 大ひっこしまつりです。

そんなわけで、ただいま、パン蔵家、地震直後当時よりも、

グチャグチャです。

そんなこんなで、

カミングスーん♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フグ撮影むつかしす。

先日、お金もないのにフグ奴隷なパン蔵は、

「おまえはどうして、愛するフグさん達を、もっと

可愛く綺麗に写真に残そうとは思わないのカ?」

と、ある朝突然雷鳴のごとく鳴り響くフグ神からの

啓示(そそのかし)にどうしようもなく頭の中を支配され

てしまいました。

連日、仕事も家事もボーっとしたままほったらかし

(いいのか?)

価格コム&ヤフオク熟読&長考のムダな日々を過ごす

こと1週間。。

ついに「マクロ撮影に強い」と評判の実直と実績の

デジカメブランド、リコーCXシリーズを手に入れたわけです。。。

「色々検討のかいあって底値で買えたワ! わたしって

かしこいやりくり奥さん♪」

と自画自賛していましたが、歩いて10分のヤ○ダ電機で、

在庫処分品?なのか、パン蔵の買ったモデルよりも

ひとつ新しい世代のが、パン蔵の買ったやつにたった4千円

上乗せしたら買えるものが売られており。。。

強いショックを受けたのは、オットには内緒とさせていただきます。

前のデジカメがメタリックオレンジボディなんて、イカれた

ど派手色だったため←(変な色のデジカメは激安率が高い)

赤とオレンジが大嫌いなマミーズ3号ちゃんに

特に怖がられてしまい、実はこれまでマミーズ3号ちゃん

の可愛い写真、ほとんど撮れてませんでした。

なので、今回、学習したパン蔵さんは、

フグに嫌われないであろう、優しい色合いのコマダム色な

シャンパンロゼをチョイスするなど、その点もぬかりなし!

でありました。

「これでバンバン名作写真撮りまくって、ブログもアップ

しまくっちゃうわよ。ウフフ」

しかし、自信満々期待マックスでいざ撮影してみれば、

ボケボケのブレブレのボヤボヤな、見るたびに

ギョッと驚く心霊写真ばかり山ほど製作してしまうのであった。

ホワイ???

フグ撮影のコツ、誰か教えてください!!!!

そんなこんなで、

結局、寝ているフグさんしか上手に撮れないので、

アベニーパファーの土管寝のひとと、うそっこ水草に

はさまり寝のひとばかり撮っている。。。

(専属モデルのドカンくん&クマちゃん)

パン蔵が毎日撮ってしまう、心霊写真の数々。。

(とぅーるーるーるーるー♪ Xファイルのテーマ)

かびた肉マンの亡霊。

恐らく生前「死ぬ前にどうしても肉マンが食べたい」

と願いながら空腹を抱えたまま絶望になくなった人の

無念な思いが念となって、写ってしまったのだろう。


なんだかあだるとな物体にも見えてしまうのは、

フグ奴隷パン蔵の煩悩が写し出されてしまったのであろうか。。

来週閉店してしまう、伝説のバーのカウンターにて。
客もいない夜、なごりをおしんだ酒たちが勝手にシェイカーに飛び込んで
自らかき混ぜられこの世の最後に、至上最高のカクテとなりえている
キセキの瞬間を捉えた、衝撃写真。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »