« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

こだわり

うそっこ水草の向きがちょっとずれちゃってたみたいです。

「直ちてkissmark

立ってる者は飼い主でも使うインドマミズフグのフグニーさんは、

フグ笑顔で要求するのです。要求が通るまで、何度もパン蔵の顔を

みあげ、わざとらしく座りなおしたりして「なんかおちちゅかないわ。コレ」

とアピるのである。あーウザい。

しかしまんまと言いなりな下僕、否、飼い主は、よしよし♪なんつーて

直してあげるのです。すると「そー、コレコレ」といそいそ収まって、

微笑み寝するフグニーさんなのであった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

底面フィルターってすごいワ

お久しぶりデス。

某所ではぶつくさぶつくさ

ダウナーにつぶやいたりしておりますが、ブログさんは

すっかりごぶさたデス。

フグニーさん+南米淡水フグさん水槽を、底面フィルターに変えました。

すると水が綺麗になってエアレーションも充分で水流もあるせいか、

フグニーさん+南米淡水フグさんたち、すごい元気で綺麗になり、

食欲もパワーアップしました。毎日エサくれダンスっぷりがかわいくて

かわいくて~。おねだり顔がまたかわいくてかわいくて~。

で、フグニーさんでっぷり太りました。

喰うだけ喰ったあとは、お気に入りのうそっこ水草の下で微笑み寝デス。

 

                                                      

        

                                                                                   

連続写真みたいですが、違う日の写真なのであります。

たまに位置がずれちゃってるときは「直ちて♪」とフグ笑顔で要求しマス

ここが一番おちちゅくのheart03

たまには違う水草の葉陰でも寝てみる。頭の上にはっぱペタンはお約束。風呂上がりのてぬぐい風。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寝るとシャチホコするマミーズ3号

熟睡するにつれ、段々おケツがあがってきて、

ついにはシャチホコしてしまう癖のある、

インドマミズフグのマミーズ3号先生。。。。

赤ちゃんのころから、そーであった。

(ビビりっこだから、カメラの気配ですぐ起きちゃうけど。これも

少しおきかけてる瞬間)

グリーンピースひとつぶだいのかわいーこだった

マミーズ3号ちゃんも、

気がつけば、

常に無精ひげまみれな徹夜明けリーマン、っつうか、

「ン~、そうですね」的長嶋茂雄フェイスなむさい中年顔した、

ブサいくな少年に育ってしまったという。

まったくもって残念なコですが。。。

熟睡時、シャチホコする癖は健在である。

(これも、ちょっと起きちゃってるケド)

寝起きのインドマミズフグは迷彩柄。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いザリよるザリコ先生♪

うちに来た当初は、キモいのなんの、

早く店に帰れだの、パン蔵には散々な不人気で、

迷惑ぎみに白い目で見られていた

シロザリガニのザリコちゃんですが。

「最近、とっても、かわいーですshine

もう、ザリコ、手放せません。店に帰したり、里子にだすなんて、

考えられないワ! 

とまで言ってのける、手のひら返しなパン蔵なのでした。

だって、ザリコさんたら。

パン蔵とバチッと目があうと、すかざず

ザリザリザリッといザリ寄ってきて、

ちーさいはさみをカチャカチャさせて

「やんのか、ゴルァ」

なんて戦いを挑んでくるのが、もうかわいすぎるのです(かわいいか?)

どーやら勝てると思ってるみたいなんですよね。人間に。プッ。

お気に入りの寝床(適当にぶちちぎった網のきれっぱし)

で休んでいるときも、

はた、とパン蔵の気配を察すると、グルッともんどりうって網から

出てきて、セカセカかけよってくるんですよー♪ 

んもう♪♪

目とかはあんまり見えないのか? ひげで世間を見ているらしい

ザリコ先生。ひげの先に少しでも指の影でもふれると、

そこだッとばかりに殺気だち、

「ザリザリザリザリッ」

とスイッチが入って、

猫がじゃれるポーズの攻撃モードで(おなか見せてガガガって

やるアレね)じゃれついてきます。

コレって。

「もしかしてな、なつかれてる????」

ザリガニってなつくのか???

なんにしても。ああ、癒されるわあheart01

ところで、水景工房で売りに出されているザリコの兄弟にも、

会ってきましたが。

こいつはパン蔵をみても指を差し出してやっても無反応で、

ザリともせず、無表情でじっとしていた。

いかにも、無機質な置物か生き物かあいまいな感じ。

そんなとっつき悪い見た目のくせに、

突如意表をついた動きをしたりもする、

絡みづらい甲殻類そのものって奴であった。

うむ。ま、しかし。

本来そういうものだよ。だってザリガニだもの。

してみると、

ザリコは特別なのか? それともパン蔵の親愛のキモチ

が奇跡的に通じたって奴なのか?

ザリコとわたしは、シロザリガニとヒトという種の違い

を越えて、それなりの血の通った親しい関係が、

早くも構築されてきているということなんであろうか?

今まで、

パン蔵家のスターといえば、1位は問答無用の不動のお局

インドマミズフグ、フグニーさん、

2位が<万引き少年顔>ワルワルッと穴掘り名人

南米淡水フグのワルニーちゃん、

3位が<食欲魔魚の<長嶋茂雄的不精ヒゲ面>インドマミズフグの

ビびりっこ、マミーズ3号ちゃん♪

なーんて言っていたパン蔵ですが。

最近では

「ザリコちゃん、1位かも!」

な勢い。。。。

って。OI!

熱でもあんのか??spa

こんなことばっかいって、家でフグとかザリガニとしか交流してないみたい

ジャマイカ。

(一応、オットとかゆー人物もいるってのに)

わたしはノイローゼなんでしょうか? もし? 心配~。

普通の人間の友達とも遊びましょうよ、おんもでましょーよ、

と、そろそろまわりに心配されかねんので、

ザリコへの愛を妄想的につづるのはやめよーと思います。

そーいうわけで、

シロザリガニはとっても懐いてかわいーです。

ぜひ、みなさん偏見なしに、飼ってみませう。

丈夫で飼育も簡単♪ デス

(以上、水景工房からのアナウンスでした)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »