« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ワルニーのイラつきをなんとかしてあげたい

南米淡水フグの不良っこワルニー。

毎日ボボボとヒーター下の砂を掘りくさって、

お気に入りの寝場所をコツコツと製作。

名づけて「ワルニーカフェ」

最近では堀りも掘ったり。

もはや底まで見えるかという勢いで、

雑多な俗世間と切り離された静かなる日常を

約束された優雅地下室ライフに満足げな匠であるが。

「いい穴があるでやんすflairあっし、ここで寝るでやんす!」

毎晩KYで大柄(でアゴが出てる)アゴニーに横取りされ、

「オレが掘った穴に寝るなッワルannoy出て行くワル」

イライラする日々である。

今夜もまた、毎度の攻防がくりひろげられてる。

いや、今回こそは取られまい、と

先回りして夕方からずっとスタンばって

守っていたワルニーなのだが。。。

「ヨナたんのボンドガールに萌えたでやんすheart01いろいろ観たけど

6チャンのカメラが一番いい位置で最後の「バーン!」を映してたでやんす。

NHKのカメラは横からだったからイマイチでやんす。

あっし満足shineそろそろ眠たいでやんす。アゴアゴ。。。。」

どしッ

「ウグ。。。。。」

「..............」←ワルニー

なんか、忘れましたけど、友人WくんとMちゃんとで新宿の痛メシ。。。

前日、某週刊誌デスクに「脳みそに問題のあるひとが書いたのかと

思った。君は日本で一番売れている雑誌で書ける名誉が解っているの?」

と漫画みたいなセリフで散々しかられ、すっかり凹んでいた。。。。

それで

「こんなオイラ(頭に問題があるダメなものかき)なんぞ

が紛れ込んでて見つかったらつまみだされるんでは、、、」

とドキドキしながら東京會舘パーティー会場に潜入した。

どうしてもひとめ、遠くからでも見たかった。

あるお方のお祝いの席である。

うむ。。。

実直色のスーツだらけのなか、あまりにも場違いで、

オレンジジュース一杯しか喉とおらず。

おっさんらの背中にうもれるようにして、

壇上の上のお祝いされている人の挨拶をきいた。

天使が舞い降りちゃったな、って気分。

凹んでないで、もっとがんばろう。

いじけないで努力してもっとがんばって生きていたら、

もしかしてオイラだって、あんなによい目をしたオトナ

になれるかもしれないジャマイカ。

知能に問題があるから、ものかきとしては一生アレだとしても。。。。。

てな日常。

あとは、メイのマイちゃんが初節句で、

最近彼女が大好きだという、

アンパンマングッズを買って実家に行ったのだが、

アンパンマンの人形が全然アニメのアンパンマンに似てなかった

らしく、

「ほらー、マイマイのだいちゅきなアンパンマンでしゅよー」

と手渡したら、火がついたように号泣された。

まあな。

どうみても、頭のはげたタダのおっさんの人形だよ。

これは。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

チョコいただいたり、あげたり、ワイン飲んだり、もらったり。

フグ友のふぐぺそさんから、宅急便でチョコが

とどいた。

雨の日はインターフォンの調子がおかしい。

宅急便さんから携帯電話に連絡がきて、出てみると

寒空のもと、緑色と黄色の制服をきたおにーさんが

オートロック門の前でたたずんでいた。

パン蔵の好物のオランジェット(オレンジピールの

チョコレートがけ)だった。

パン蔵感激dogsweat02の涎100リットル。

フグたちに自慢した。

何が怖かったのか、フグニーは真っ黒になってしまった。

3号ちゃんは「なんだそれッ、ぼきゅもたべりゅ、たべりゅッ。よこせ

ケチ。ブスッ」

と激しく威嚇してきた。。

オレンジの皮を甘く煮たものをチョコレートにつけるなんて、

こんな美味い食べ物を、いったいだれが発明したんだろう。。

本来ならば捨てる部分を再利用して美味しいものにする。

エコのはしりでわないか。時代にマッチした、すぐれたお菓子である。

感心するパン蔵であった。

パン蔵家のバレンタインデー。。。。。

花架拳のおともだちがくださった、可愛い可愛い麗しい

ウエッジウッドのペアワイングラスを

デビューさせるのにふさわしいのは、今夜をおいて他にあるまい。

パン蔵、この日を待っていました。

で、初々しい繊細なるグラスに最初に注ぐべき液体は。。。

新婚祝い(くどいようですが、いまだミニュー籍デス。激しく陳謝)

初々しさでは負ける気がしないわ! と名乗り出た処女ボジョレー

さん以外ありますまい。

(ありますまいって、他にパン蔵家にワインなんざ常備してないからだが)

てなわけで、メニューは、なんとなくブイヤベース

具はMM店長のお友達が釣ってきた鰆1匹。エビちゃん、

キノコ、じゃがいも。タマネギ。

おっとッ、

さかなfishへんに春cherryblossomとな。

またまた新婚祝いにふさわしいチョイスでわないか

(くどいようですが、今だ以下略)

ここにもまた初々しい女王決定戦

<U-1グランプリ>

優勝候補shine登板ですな。

と、パン蔵が買ってきたガトーショコラ。

と、ごはん。。。

うっかり土鍋いっぱい作っちまった5人前くらいのブイヤベースですが、

出すと全部食べちゃう(@孤児院のこ疑惑)MM店長。

案じたとおり、全部食べる。ああ)))))))

翌日。

雨の日はインターフォンの調子がおかしい。

宅急便さんから携帯電話に連絡がきて、出てみると

寒空のもと、緑色と黄色の制服をきたおにーさんが

オートロック門の前でたたずんでいた。

デジャブかと思った。

違うのは、今日のお兄さんは大きなダンボール箱を抱えており、

あまりの重さのためか、スマイルが硬かった。

パン蔵の好物のデラウェアのワインだった。

パン蔵感激dogsweat02の涎100リットル。

花架拳のお友達からだった。

先日ウエッジウッドいただいたばかりですがッ!

忘れちゃった、、、、、んじゃないですよね????

みなさん。焦。汗。

とはいえ、デラウェアワインとは、、嬉しすぎる。

近所のたちのみバー「あつまり」で初めて飲んで

いたく感激したのだが、

普通のワインやでは売ってないとのことなんで、

ここでしか飲めナインやーとおもっていた

のですが。。。

パン蔵おもいますに、

日本のワインは白ワインが断然んまい。

デラウェアワインは、ちょっと貴腐ワイン的濃厚で甘くて狂おしくて

官能的でとろりとした感じなのじゃよ。えへ。

えっsweat02貧乏なんだから、オイラなんかデラウェア買ってきて

クチン中でもぐもぐぐちゅぐちゅさせとけよ、ってな話ですが。。。。。。

贅沢。。。

でも。もうしわけないですが、

多すぎると思いませんかッ。

うち? 店? ですかっ!!!!軽いめまいtyphoon

しかし、しまったナー。

ウエッジウッドさんたちのデビューを1日遅らせればよかった。

デラウェアワインさんを最初に注ぎたかったぜ

(両方とも花架拳のお友達のおくりものなんで)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

LOVEDEYイベントにまぎれこんじゃったやさぐれ派。

ツイッター、ブログ横に反映させるやり方が、

いまだにわからず、

全然つぶやけていないのであった。。

これじゃ、たんなる独り言ジャマイカと気づくパン蔵。。。

むなしさ∞

ある意味、ついったーならぬ、ぼやっきー。

10日は、超絶パワー全開にして心はリリカル乙女heart04

なスーパー女医、親愛なるまつむー先生とNママと

アラフォー女子会。

品川のイタリアン。

一応3人集まっ今後の作戦会議のはずでしたが。。。。。

デートにぴったり、隠れ家敵老舗ホテル内の

お素敵なお店だというのになぜだか飲み放題コースとかゆー

体育会系プランもありshine(キケンなかおり)でッ(アブないよかんー)))

アンチョビパスタとか蛸とかパテとか、

しょっからいアテを中心に

ちびちび突き刺しながら、がっつり飲んで、

気がつけば泥酔の新橋居酒屋スタイルになって、

意味不明な地獄のガールズトークに興じるのみな、

オイラたちでありました。。

っていうか、トイレに行っている間に、まつむー先生は

豪快にオイラのことを忘れきって、さっさとひとりタクシーで

去っていったのでした。

しかも、貧乏なオイラの分まで会計してくれて。

くうううう

(まるでVシネにでてくる大物ですよお。せんせい。。。少なくとも嫁入り前の

乙女じゃないっす)ウフ。今度お金返しますmoneybagごめんなさい

休日の11日は冷たい雨rain

今日もまつむー先生とご一緒♪

朝日新書の<新婚>Nカちゃんのお誘いで、

LOVEDAYとかゆう、すぺさるなイベントに出かける。

今宵は、ミスユニバース栄養コンサルタントにしてベストセラー作家でいらっさる

エリカアンギャル先生と、二ツ星レストラン「トロワグロ」のヘッドシェフリオネルさんに

よる、食とエロスのつむぎだす二重奏。五感をすべて刺激されながら進むアドベンチャー

なんだそうです

snowなんのこっちゃ!!!!

「いいんですかッ、私なんてニートなかっぺが紛れ込んでッ」

と、ガクガクブルブルなパン蔵。。。。

100均のビニール傘から飛び散る雨にびしびし顔を

打たれつつ、ついでにクビもひねりながら

表参道の東京サロンに向かうオイラなのでした。

(あまりのセレブな匂いにびびったので、ついつい大物まつむー先生を

おみやげ的に誘ってしまったというわけです。弱気flair

表参道なんて芋ビッチなパン蔵は、めったにこないので、地下鉄の改札を降りた

時点でキョドってしまうつうに、肝心のお誘いもとのNカちゃん、タクシーなんて

セレブな交通手段つかうものだから雨で渋滞とかで、、、

おかげで心細い芋ビッチ、入る店まちがえちゃったよ!!

あやうく東京サロンの入り口のバーで、まつむー先生と二人、

地下で行われているイベントに参加も出来ず、

単なる女子飲み会をひらくところであった。。

(といって、実はまつむー先生は、エリカさんに自著を渡したことがあるそーな。すげぇ!!わーいわーい)

遅れて到着の、新婚ほやほや愛されオーラむんむんの赤いワンピースの

Nカちゃん。。。

「き、キラキラ感に目をやられるッspa

Nカちゃんの幸せ後光が、あまりにさんさんと降り注いで、まぶしすぎるあまり、

辛くて直視できなくなったパン蔵は、

ついついたくさん飲んでしまう負け犬である(未だみニュー籍)

そんなこんなで、めくるめく食とエロスのジャーニーは二時間あまりに

およぶ。

ステージをぞろぞろと移動しながら、

シェフ懇親の美食(一口大)がテーブルに並べられ、

そのたびに、まずはエリカ先生が味見&感想ひとこと。

へて、飢えた愚民のようなラブ貧乏ども、ワレもわれもと

殺到して、一口のエサ(失礼)、美食を求めるのである。

と、これを五回くりかえす。とな。ぜえはあ。もっと食わせろ。

キャパに反して参加者が多すぎたのか、

はたまた世間には予想外にラブ貧民が過多だったのか

その混雑ぶりはもう、逆エレガント♪全開

阪神淡路大震災発生直後の関西地区を髣髴とさせる

阿鼻叫喚な地獄絵図なのでした。

。。。。。。。。。というのは嘘ですう。すいません!!!

往年のバブルなノリですっごいゴージャス&キラキラで、いい体験しました。

来ているお客さんも怪しい横文字職業風な業界の方いっぱいで。

シャネルのバッグとかワンショルダーのドレスとか、な、なつかしーkissmarkもん

いっぱい見ました。思わずパン蔵の心の眉毛も太くなるう~。

帰り際、お土産のイチゴジャムとウオッカ、2包みガメようとしましたが、

黒人ウエイターに完全マークされて隙を狙えませんでした。へっくしょん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祝い。。。。

荒野に枝豆ひとつぶ状態で16リットル水槽に

一人暮らし中のインドマミズフグのマミーズ3号ちゃん。

おや、と気がつけば随分大きくなってましたYO

現在そらまめ一粒大であります。

食欲スキルはパン蔵家のフグーズの

中でもだんとつで、小粒な奴ながらも、ギャル曽根なみのグレートストマック

ぶりを毎日発揮しております。

必殺アカ虫二匹半分に折ってまとめ食いとか豪快すぎて、

むしろすがすがしいです。

しかし、超びびりっこなのは相変わらずで

未だに熟睡中しか写真撮らせてくれない、ある意味幻のフグさんです。

花架拳のお友達から、結婚祝いとして、

エレガントな水色のボックスに恭しく水引きがかけられた、

それはそれは初々しくて清らかな、

ウエッジウッドのペアワイングラスをいただきました。

あああ。。。こういった美しい食器は、愛にあふれた新婚家庭にこそ似合うものなのに~。

ごめんなさい!

もうしわけなさすぎて、ついつい謝ってしまうオイラです。

前の週、ゴス系作家にして超美人ミュージシャン&占い師さん&

ライターさんカップルより、

結婚のはなむけ?として、豪華エ○グッズ詰め合わせをいただき、

今後の結婚生活の方向性が、若干迷走しそうな困惑を覚えたわたくしですが。。

可憐なワイングラスのよこに、、そっと添えてみました。。。あああ)))リョージョク

きゃあsweat01

い、いけませんわ。

これって、ある意味、剛と柔????

あわわ))))

しかし、実を言うと。。。。。

未だにニュー籍しておりません。。。

いろいろ諸事情が迷走中なのらしいです。ああ。

もうすでに、いっぱいお祝いしていただいたたくさんのみなさんに、

もうしわけなさすぎて、

どうしていいものやら解りません。

ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シンクロふぐさん。。。。

夜メールがきて、元メタボでトロロ似の

インドマミズフグ

フグノブがついに永眠したとパン母。

薬浴、まにあわんかった。パン母悲しくて泣いちゃったって。

父の介護生活で家に幽閉されっぱなしだったパン母を

慰めてくれてて、ありがとネ。

毎日来るヘルパーさんたちのアイドルにも

なってくれて、ありがとネ。

エサおねだり芸とか覚えて、犬よりかしこいフグっぷりで

パン母の友達に自慢させてあげてくれて、ありがとネ。

さよなら。フグノブ。

火曜日に一緒に庭に埋める約束をした。

フグノブは、嚥下障害でものが食べられなくなって

口が開きっぱなしでガリガリになって死んだ。

まるで父と同じだった。シンクロしている。

寡黙で甘えベタで死に急ぎのおとーさん、いきがってさっさと死んだものの

「もうすこしだけ母ちゃんに世話してもらいたい」

って、さみしくなって降りてきちゃったのカ。。。。。。

何も、もう一回死ぬことないのに。。。。。

がっくりきたパン蔵がしょぼんとしておると、一時間後くらいにみたら

うちのレッドラインパファー、フグモーの容態も悪化していた。

ヨガでしかありえないポーズで苦しんでいる。

どうしようもなく、ただ励ました。冷蔵庫の上が住処なので、なるべく衝撃を

与えないように冷蔵庫を開けないように気をつけた。

もうもうやばいな、と思って、5分経ってまた見たら死んでいた。

なんておまいまで。。。。一緒に埋められに行くんか?

シンクロ。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バー木でも祝ってもろうた。誕生日<婚姻(汗)+もう1匹闘病のフグ

4日がホントの誕生日だったパン蔵・・・

バー木出勤であった。

最近絶賛H&M(ひ&ま)営業で、すっかり閑古鳥とつがいな

寂れたバー木でしたが、どうしたことか~shine

ひさびさにお客さん大挙到来の満員御礼でびっくりの

満載でありましたspakissmarkflairmoneybag

(あまりの事態でテンパったオイラはグラスを割った。。。。)

そしてもって、心優しいお客様から

パン蔵、誕生日&ニュー籍???を呪われ、

口々にあざけりながら、

プレゼントと称して石やら手斧やらを投げつけられて

血だらけデス。

と、と、というのは嘘でありますッsweat02

高級泡の出るお酒&イチゴ&チョコレートやら、

おしゃれラベルの超絶美味しい白ワインやら、

天才の芸術作品銀色に光るかっこいいフグさんやら、

Bイブとかひわいなパンティやら

(家に持って帰ったらMM店長怒りでエラ呼吸になるナ、といろんな意味で

涙目)

心優しきお客様に祝福してもらえたうえに、

いろいろいただきますた。ありがとーございます。

でも、、まだニュー籍してないんで、、、

あああ))))))

これじゃ、いれるいれる詐欺ジャマイカ~sweat02

後ろに手が回るウ。。。

えーー。。。嬉しいことの次には、悲しいお知らせ。。。

っ!!!!!!

誰だ!!! これは!!!!!!!

どーしたんだ、このぶさいくな口は!!!

現在闘病中のフグ、じつゆうと、

レッドラインパファーのフグモーちゃん

だけではありません。。。fishsweat02

実家のフグノブ(元メタボでトロロ似のインドマミズフグ)が、

ちょっと見に行かないうちに、こんなことにッ。。。。

久々にいろいろご報告やらもあり、実家に行ったパン蔵を

待っていたのは、このよーな衝撃の光景なのでした。

フグノブ、現在口が腫れてて閉じられなくて、嚥下が出来ないみたいで、

エサが食べられません。あ、あの年金生活者の食費をおびやかす

グレートストマック食欲魔人が。。。。

エサが欲しいあまりに、パン母に三回まわって「パク、パク、パクッ」ってな

犬みたいな芸をする、かわいーこだったのに。。。。

なすすべもなく、クリーンFゴールドで薬浴。。。。

父がなくなってから、フグノブちゃんが母の慰め係だったのに。

くしくも、最後は嚥下障害で口もあけっぱなしになり、ガリガリに痩せていた

なき父と重なるでわないか。。。この面差しは。。。

フグノブはもともと父の名前を一文字とってつけた名前のフグ。。。

もしかして、母が大好きだった父が「もう少しかーちゃんにお世話してもらいたいなー」

って降りてきちゃったんかなあ、と思うわけです。。

思えばパン蔵、父の死に目にも立ち会えずだった。

最後の一ヶ月なんやかやあで(おもに金欠で電車賃節約)

あんまり実家に戻らずにいて、

妙に「家かえれー、かえらんとー、じゅんこおー」と

父が呼んでるような胸騒ぎがしていたのにも

かかわらず「今週の日曜は絶対帰ろう」と決心していた矢先に

土曜日の朝に父は死んだわけです。

このところ、おんなじ現象で実家に行くのがご無沙汰だったのですが、

やっぱりなんだか胸騒ぎが妙にしていて、

今回は、、、

フグノブ危篤でした。。。

うううう。。。。。

もう一度父は死ぬのかなあ。

今回ばかりは、悔いなきように、できるだけのことはしてやりたいなあ。

ああ、オレのアホ。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パン蔵誕生日とかいろいろ祝われる+フグモーを励ます日常

パン蔵誕生日とかその他いろいろ祝われるの巻

オトナの階段のーぼるーー君はまだ死んでレらさー♪

あああ))))どこまで登れば登頂するのッ。オトナ道。

そろそろ登りきった感のあるパン蔵なのだけど、

暗すぎてでんでん未来の展望がみえましぇんーーーーー。

大丈夫なのかしら???こんなオトナで。不安。

祝っていただくような、ちゃんとした人間じゃないのにぃ。。。。

吹き消したろうそくの先に漂う、人生哀愁の煙。

はあああ。

とはいえ、熟女街道順調に運行中でして、

ああもう戻れないのね、

あの青春の日々には、、なんて遠い目デス。

ところで、本日裏メイン。。。

Nママ&Fじのさんに証人になってもらって、とある書類を作成eyepen

(書いている姿がまるで親戚のようだったよ。同い年なのに)

ところが、肝心のオイラが書類完成のためには

戸籍謄本がいるなんつー、小学生でも知っている常識をしらんかった

がために、本日めでたくナニをニューすることができませんでした。

てなっわけで裏メインイベント不発。。。。

いい年してアホですみません。

こんな、晴れの日なのにダメダメすぎる

オイラを祝ってくださった、最高に心優しきみなさまに

幸運が舞い降りますように!!!!

っていうか、、、

これは!!!!!

!!!!!!spabelldollarsnailban

MM店長プレゼンツ。

sweat02sweat02sweat02sweat02shine

今日のフグモー。

ちょっとだけ薬浴が効いたのだろうか?

瞼の腫れが少しひきました。

まだエサは食べられないみたいだけど、

体力は続くだろうか。

もう少しこの薬で薬浴して、今週末には水換えもしような。

この調子でガンバロー!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

南米淡水フグいらいらする+レッドラインパファーの闘病。。。

えー

4日木曜日は、パン蔵誕生日でバー木ですー。

またひとつ熟女の階段のぼったパン蔵を

みなでかこってアハハとあざ笑ってくだせいまし(えへ)

さて。。。。。。。。。

穴掘りが趣味で万引き少年顔をした南米淡水フグ水槽の

ブサメンその2にして、

パン蔵家のアイドル、ワルニー。

「ワルワル」4649っす

片目が見えないけど、今日も機嫌よくワルワルと生きています。

ワルニー、最近もっぱらフィルターの下がお気に入りである。

ちょっと隠れ家みたいでいい感じらしい。

時々フィルターのキスゴムが外れて位置がずれていたりすると、

「ワル。。。。。cloudワル。。。down

と残念そうに見つめていたりする。

そんなワルニーちゃん、先日からワルワルッと

真剣に砂を掘りまくって、

フィルターのふもとに落ち着く穴場を作ったのであった。

名づけて「ワルニーカフェ」shine

(まあ、名づけてってオイラがですが)

ところが、南米淡水フグ水槽のブサメンその1アゴニーが、

得意のしゃくれパワーでKYぶりを発揮して、

毎晩ワルニーより先に穴に陣取って、

「あっし、ここで寝るでやんすッsun

と、のうのうと大柄な体で寝腐るものだから、

ワルニーちゃん、イライラ。。。

「オイラが掘った穴ワルッ。どくワルッ」

まあ、大柄なのでなかなかどかせませんが。。。。

上に乗ったり、下にもぐったり、しかたなく憮然とした顔で

添い寝してみたり。。。

「やっぱり納得できないワルーーーーー」

「どくワル。。。。」

「どくワル。。。。。。。。。。。。」

「毒ワルーーーーーーーーッッッ」

ついにぶちきれて、アゴの横でボボボボボボッとさらに穴を掘りまくって

アゴニーをぶっとばして追い出したのでありました。

scissors、、、ワルニー。。。。

闘病中のレッドラインパファーのフグモー。。。。

こんなかわいそうな写真を載せていいもんか、と迷うが、

もしかしたらよきアドバイスをくださるフグ飼育マスターさんが

いたら。。。。と望みを託して。

毎日少しづつ水換え&4日おきくらいに直接

瞼にクリーンFゴールドを塗布して

いたフグモーですが、治る気配もない。。。。。

で、ニチドウさんに電話してきいてみたら? とMM店長。

mobilephone後。

ニチドウさんのご意見↓

毎日水換えは水質が安定しなくてストレスになる。

瞼に直接塗布も薬の効き目が強すぎるから弱ってしまう。

ということで、

今日から薬浴に切り替えました。

薬のほうも変えたほうがいいかもだけど、ひとまずこれで様子見。。。。

うううう。。。

うまくいくといいがー。。

赤目のほうは少し治ってきたきがするんで、希望は捨てずに

バンガローevent

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »