« マミーズの個性 | トップページ | ひさし鰤。。。。 »

マミーズに世間を教える

インドマミズフグ赤ちゃん軍団マミーズ。


いつも一番エサにがっついて、
常にお腹ポンポコリン王子マミーズ1号。
キョどりでビビリの3号
(カメラを見せると逃げるので、あまり写真に出て来ない)
エサとり下手っこ2号
(もたもたして、毎回エサとりはぐれるせいで、現在一番ちびっこ)
を抑えて、たった4リットルの水槽の中のくせに、
「オレこそが世界をぎゅうじってるぜ」
ってな風情で、肩で風きってボスきどりで、いばっています。
おかげで、あどけない赤ちゃんながら、
「ミナミの帝王」ばりなVシネ顔になってきました。

なまいきなコなので、ちょっと世間を教えるために、
人生の先輩、ガラス製ちょうちんフグさん(いつもニヤニヤ。体長2㎝)
を紹介してみました。

「!!!!」



先に目をそらした方が負け〜


「ウググッ。。。」←1号
「ニヤニヤ」←ちょうちんフグさん


緊張に耐えられず、目をそらし、
尻尾をまいて逃げる1号。
「きょ、きょうのところはゆるしてやるフグッ」
捨て台詞をいってすたこら去る様が、完全に負け犬デス。
実は内心ではガラスのちょうちんフグさんが恐いのを
隠しきれない様子。
プププ。。。

バレバレでんがな

しょせん、おまいは世間知らずな赤ちゃん、ってこってす。


1号。
まだまだダナ。


完全に存在を忘れられ、エサすらも忘れられがちな、
気の毒なアカヒレさんたちですが、

不遇にもめげず、ペカペカ金色に光り、赤い鰭もピラーっと
豪華に広げてくつろいで、まったり暮らしています。
なんだかちょっとデカくなった気もします。


イタリア人翻訳家さんたちとタイ料理やさんでご飯。


なんか話が通じるような、全然平行線をたどっているような。
よくわからない3人組でスゴす、渋谷の午後1時。
パン蔵は去年パオラさんにもらった、ベネチアグラスのペンダントを
していったヨ。
パオラさんは、文章は読めるけどジャパニーズヒアリングが苦手なのか、
パン蔵がいう言葉が、ちょいちょい日本語としてまちがっているために
よく解らないのか、
微笑みをたたえて終始無言
(しかも多分、タイ料理キライみたいで、注文したタイラーメン
ほぼ残していた)
イケメンのアルさんは、とっても饒舌で日本語とイタリア語ひとり音声多重で
しゃべりまくりで、まるでアル氏2人いるかのごとく。
自分のパソコンのことから、仕事のことから、大学の夏休みのことから、
友人の医者のちょっとセクシャルなずっこけ話?から。。。。。。ウムム。。。。。
おまいの日常全部きかしてくれたのかい! もしかして????

まあ、コミュニケーション不全な女子ふたりのために犠牲になって、
場をもりあげてくださったのだ、と思われる。

てなわけで、

3時間弱の会食中、皆が解り合えたことは、
「パン蔵はフグがスキ」
「パオラはフランスで貝細工のお魚のアクセサリーを買った」
「アルのパソコンが壊れて、来週までに直せないと自殺するかも知れない。
「Macのネットブックが秋に出る」
「昔のMacは四角くて白かった」
「渋谷のエクセルシオーレには、図書館替わりにアルの
学校の生徒がたむろってる」


つうことです。

コスモポリタンで有意義な時間じゃった。


おみやげに田辺聖子さんの源氏物語の小説をもっていったら、
すごく興味津々な様子だった。
光源氏が大阪弁をしゃべっているからである。
イタ公どもはなぜだか源氏物語が大好きなのだ。
去年、ウーディネに呼ばれて、作家的なことを何かインタビューされた時も、
「紫式部についてどう思うか?」
なんぞときかれ、アホのコのパン蔵こまって、
「会ったことないから、わかりません」
つうてお茶を濁したものですヨ。オーコワ。
なんとなく、話の流れでパン蔵は、またしてもイタリア(今度はボローニャ)
に渡航費滞在費ロハの旅に行くんじゃないか、
と思われました。

フグフグ

|

« マミーズの個性 | トップページ | ひさし鰤。。。。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ちょうちんフグさんが2センチだとすると
マミーズは。。。めっちゃくちゃ小さいですね( ^ω^ )
かわいいなぁ

イタリア人翻訳家さんとのごはん
なんか読んでて面白いです(笑)
紫式部に興味があるとは 意外


投稿: コロスケ | 2009年8月 1日 (土) 10時19分

ウチにもおんなじちょうちんフグあります~!!

チビタロウがガツンガツンアタックするので
撤去しましたが・・・
1号もビクビクしてるとこ見るとまだまだ
かわいいベビーですな( ^ω^ )

既に大きさにも差が出てきましたか!?
一番ちっちゃい子にひいきしてエサあげたく
なりますよね??
意外とそれが難しい・・・
食いしん坊が必ずやってきますからね!!

ウチはみんなが同じ水槽で混泳していたときは
ミドリ、マミズ、ハチノジ、バンブルビーと
同種じゃなっかったせいかみんなエサの好みが
バラバラでひいきしやすかったです(゚ー゚)

てかパン蔵さん、国際色豊かで羨ましい~ヾ(´ε`*)ゝ

投稿: ナオ・ヒメ | 2009年8月 1日 (土) 10時23分

コロスケさん

おはようございます。
ムフフ。
イタリア語で「小さい」は「ピッコロ」なので、
マミーズは超ピッコロ!フグです♪


ナオ.ヒメさん

おお、ちょうちんフグさんおそろいでしたか。
マミーズもせめてこのくらいの大きさになってくれれば、
飼育も安心なんですが。
(まあ、そのくらいに成長したら、店に返すってことだけど)
今はあまりにも小さいので、何かの拍子に死んじゃいそうで
とってもドキドキなのです。

最近は個々の個性も顕著で〜。
1号が一番なついてる感はあります。
ビクビクして隠れてばかりの3号にも、
食べるのへたっこな2号にも、
同じように元気に育って懐いてほしいものです〜。

投稿: パン蔵 | 2009年8月 1日 (土) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1131203/30780409

この記事へのトラックバック一覧です: マミーズに世間を教える:

« マミーズの個性 | トップページ | ひさし鰤。。。。 »