トップページ | 業務連絡。 »

ご挨拶。パン蔵家のフグ事情

なもなくまずしく若くなくclub
さらに仕事もなくておとーさん謎の病気でカスタマイズ中。
実家にお金もいれんと嫁にもいかんとフラフラなにしとんじゃーゴルァpunch
の、永遠のほーとー娘パン蔵です。
ヘレンケラーも裸足で逃げ出すさんじゅーく越え(いろんな意味で)女。
うかうかしていると、もはやしじゅーくまでもカウントダウン始まるんじゃないか、って
「ちょっと待ってくださらんか」なんて、我泣き濡れてかにとたわむれておりやす。
って! いやなに、私のしょぼい10円人生にも、ついに福が舞い降りたって話です。
そう。。。あれは1年前のコトじゃった。
酉の市で金魚すくいなんざしなければ、
否、
金魚すくったもんの魚飼うなんて初めてで、カルキ抜きもなかったもんでネットで検索して
取りあえずの応急処置! なんつってティッュをつっこんでかき回した六甲の美味しい水
(もちろんコンビニ行って走って買って来たばかりのキンキンのひえひえ4リットル)
にぶっこんだりしていたおろかもの。。。。。newmoonthunderimpact
翌日、冷え過ぎでキーンとつっぱらかった小赤を「まあ、とうがらしのマネ?
早くも年末忘年会の余興の練習?」なんぞと微笑ましくみたりして。さらに馬鹿。
というか、今思い返しても残酷なしうちでありました。

当然のことながら、可哀想な縁日の金魚たちは、次々と脱落して死んで行き、
あわてて色々飼育グッズを買い求めてもまにあわず、とうがらし治療だの、ボウルが真っ青になるまで
薬をぶっこんだ中にブクブク入れて青い洗濯機のように瀕死の小赤を回したり。。。。
ああああ)))無知とはいえ、悪魔の所作としか思えない数々。。。
金魚が死ぬたび、近所の神社に埋めにいき、のらねこがクチコミで集まって喉鳴らすのを、
「食ったら殺すかんね」とガンつけて
「ああ、オイラったら金魚すら辛い目に会わせるばかりのダメ人間。。。」
なんざ、秋の紅葉がはらはら落ちるさまに、水面を泳ぐ金魚をかさね、落ち込んでおったのでありますよ。
それが、なぜかその足でフグさんに出会い、魚だてらに濡れた小犬の目をされvシネのドジなやくざよろしくドギュンと胸を打ち抜かれて即飼う事に!
ダメ続きのオイラのしょぼい人生に2㎝1980円のちっさい福が!
長くなるんで、次回〜。

で、オイラの愛する運命のフグさん。
インドマミズフグのフグニーさん(多分もうすぐ1才)

アドバルーン!!!!Fugu_2

|

トップページ | 業務連絡。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1131203/25290597

この記事へのトラックバック一覧です: ご挨拶。パン蔵家のフグ事情:

トップページ | 業務連絡。 »