水槽の住人からご挨拶①

Rimg0348


マイペースなカメたん(推定2歳メス)。

ひとなつっこさ10倍返しの、パン蔵家イチ

フォトジェニックエンジェル。

フグニー。

インドマミズフグのお局(推定6歳メス)

引っ越しのショックで2年前からちょっと目が見えないみたい

だけど、相変わらず元気いっぱい、くっちゃね人生の食欲魔魚。

Rimg0275


の、自由人ぶりにビクビク怯える同居人の

チーママこと、マミーズ3号ちゃん。。。

かわいいかわいいかけがけのない3号ちゃん

実は、、、。涙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況報告

すっかりご無沙汰して、ブログの書き方も忘れてしまったこの頃ですが。

最近はフェイスブックにしかフグたちのことを綴っておりませんので、

ブログのフグともさんたちともすっかり疎遠で、不義理しております。

インドマミズフグのお局フグニーさんを筆頭に、南米淡水フグ、レッド

ラインパファー、サリバトール、アベニーパファー、総勢12匹になる、

我が家の可愛いフグ―ズ、ミシシッピニオイカメのカメたん、

エンゼルフィッシュの、姐さん&オットット、バカトット&ヨメトット夫婦、

の可愛いペットたちに加え、お店で預かってお世話をしているグッピ

ーやテトラ多数。。

相変わらず魚に囲まれてくらしております。

この夏は猛暑がキツくてつらかったです。

もうすぐ冷房がいらなくて、ヒーターもまだ設置しなくていい、

過ごしやすい僅かな季節がやってくるので、家計も

ちょっとだけましになるかなーって感じです。

 

みんなの写真はまたおいおいアップしていきたいと思います。

 

Rimg0266_2


実は悲しい報告もあって、まだ立ち直れてないんだけど、

また新しい出会いもあって、、、。

こうしてフグライフは永遠に続くんではないかと思えるのがワタシの

幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のカメたん

ミシシッピニオイガメのカメたんは、アロマポットのおうちに住んでいる。

昼間はスペースパワーフィットの水流で遊んでいるのだが、夜になると、

アロマポットによじのぼって寝るのである。

本日のカメたんは床にあがろうとしてめんどくさくなって

茶釜化した様子である(この後1分後に落下する)。

エサ時になると、ザワザワそわそわしだす

インドマミズフグ水槽のおふたり。

フグニーさんにはご飯が欲しい時だけオメメぱっちり小首かしげる

可愛い顔になる機能がついている。

眠い時は全然かわいくなくなってただのおっさんである。

マミーズ3号ちゃんには、まだその機能は搭載されておらない模様。

いつだってヒゲづら長嶋茂雄フェイスなのである。

地味に居候しているカージナルテトラさんとクラウンローチさん。

居候先のドジョウ水槽のヒドジョウのヒーさんとシマドジョウのシーさんの

食欲魔魚っぷりに触発されて喰い魔になり、両名とも最近でっぷりとしてきました。

預かり主としては、観賞魚として再起できるか不安であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黙祷

フグたちおなか減ってダンスしまくってたから、全然かわいく撮れなかった。

ゴメンなさい。

懇意にしてるフグ友さんの大切なフグさんが亡くなった。

見た目も美男子なカワイイふぐさんだったし、

飼い主さんがそのこをとても大切にしているのがいつも感じられていたので、

とても悲しいのである。

我が家のフグーズも、インドマミズフグのフグニーさんを筆頭に高齢化が

すすんでいるので、他人事ではないなあ、と思ったりもする。

フグニーさん6年生、マミーズ3号ちゃん4年生、さらにレッドラインパファーの

フグブーさん5年生、南米淡水フグのナンニー、ワルニー、アゴニー、5年生。

で、アベニーさんたちが1年生で、カリノテトラオドン.サリバトールのモテニーくんが

2年生か。。。うーむ、慎重にお世話しよう。

ともあれ、黙祷である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エンゼル姐さんの複雑な乙女心♪

えー、こちらはお局独女のエンゼル姐さんです。

大きくなりすぎたとかで里子に出された身寄りのないお局でして、

気の毒なおかたなのでありますが、なにしろ気の強い女デス。

一部では「更年期では?」とささやかれるほどイライラしているお方で、

父親のいないタマゴを産んでは、そのたびに一生懸命寝る間も惜しんでお世話

して、飼い主兼餌奴隷にもおちょぼ口で威嚇してくるのであります。

最近は生理のバイオリズムが崩れたか、なんだかタマゴを産む間隔がせばまっている

気も。。。

同じ女として「わかるわあ」ってな哀惜の気持ちもありますが、

かわいそうだけど孵らないタマゴを産み続けるのは体力も消耗するし、

水が汚れて衛生的にもよくないし、どーにかやめてもらいたいなあと考えていた

飼い主兼餌奴隷であります。

と、そんなタイミング?で突然オット兼熱帯魚屋が、

ケンカしてヒレを怪我したエンゼルさんたちを預かってきたのです。

ナイス♪ ついでにお局エンゼルさんの孤独も埋めてあげましょう。

「ほらっ、エンゼル姐さん、若い男の子たちが来たよ。赤ちゃんになるタマゴ

産めるよ♪」

なんてな。けしかけてみるお見合い婆兼飼い主ですが。。。

無神経な餌係がよかれと思った老婆心、

逆にエンゼル姐さんの繊細な乙女心を傷つけちゃったみたいで?

姐さん大激怒!

罪のないエンゼルフィッシュ少年少女をおいかけまわして怒り狂うのであった。

「わああああ」

「にげろおおお」


そして全員〆られてこんな具合に。。。

「ぼ、ぼくたちが何を、、、、???」

若い男の子たちの前で、素直に女の子になれない熟女の屈折わかってええ~~~

と、エンゼル姐さんがいったかいわなかったか。定かじゃないが。

「エンゼル姐さん、、、あんたって不器用な女ね」

◎ちなみにエンゼルフィッシュの雄雌の見分け方は、雄はちょっと

デコが張ってるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメたんとフグさんたち。

わけいっても

わけいっても、カメたん♪

飼い主兼餌奴隷と目があうと、一生懸命昇ってくるヨ。


インドマミズフグ水槽の住人は相変わらずである。

遠近法でおんなじくらいの大きさに見える、お局フグニーさんと、

チーママのマミーズ3号ちゃん。

大柄な先輩にまだちょっとビビってる怖がりな3号ちゃんだから、

ぬうっと意表をついて傍に寄られると、ついピヨピヨしちゃうらしい。

相変わらず赤虫しか食べない3号ちゃんと、カーニバルも赤虫も食べる

フグニーさん。おかげでフグニーさん、最近さらにでっぷりしてきたのが

悩みの種である。3号もカーニバル食べてくれたらなあー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のアベニーとサリバトール

アベニーパファー軍団の中でも気が小さくてやせっぽちな

チビ太さん。恋の季節にも出遅れて、

他のメンツがわちゃわちゃドリカムってるのにハブられて、

おこちゃま顔で、ぼんやりしておる。もう一匹のオスはぐぐっと

黒々な繁殖線をギャランドゥさせてギラギラしておるのに~。

女のコたちもワイルドな男に魅力を感じるものよ!

イケイケ、チビ太!

とはいえ、

フグがあどけない顔してうん○を漏らしている図は、

心和む水景なのである。

餌奴隷兼飼い主と一番仲良しなのは、雌のチビ子さん。

いつも一匹だけ前に出てきて、挨拶してくれるのだ♪


カリノテトラオドン.サリバトールのモテニーくん。

居候のくせに気が強いお局エンゼルさんと同居生活で、

すっかり姐さんにビビッて隠れ家にヒッキーになったきりの

いじけたオトコに成り果てていたこのごろですが。

このたび、エンゼル姐さんに若い少年エンゼルたちがあてがわれることになり、

めでたく自立で、母屋離れて独り暮らし再開の運びとなりました。

しかし、久しぶりの自由満喫だというのに、いじけた性格なおらじ、新しいおうちの

壁際にズリズリするばかりで、ちっとも「わーいわーい」なんて泳ぎ回ったり

しないのであった。がんばれ、モテニー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フグ提灯


アベニーパファー水槽では、繁殖期を迎えたらしい若いオスが

ギャランドゥしてギラギラしている。で、若いメスちゃんたちも

そわそわ。ともすれば血気盛んな若もんどうし、

殺伐としたどつきあいにも発展しそうな恋の季節が

はじまったらしいのである。ワイワイ。とはいえ水槽にウィローモスが

足りないからか、圧倒的にオスよりメスがデカいせいか? なかなか

繁殖はしないんですけども。

そんななか、1匹残った長老が何やら機嫌悪く、フグ提灯になって

プーと膨れておった。「恋は遠い日の花火」。。ふむ。

若いコに混じれなくてムッとしたんですかね? 年よりに冷や水だぜ。じーちゃん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドマミズフグ2匹♪

ボボボっと砂を軽く掘ってならして作った愛の巣で、仲良く

半笑いしながら眠るインドマミズフグのお局フグニーさんと

マミーズ3号ちゃん♪ うそっこ水草のおふとんはフグニーさんの

長年のお気に入りである。。

今日も飼い主兼餌係りを萌え殺すおつもりか~~~。

って、実はフグニーさんはぐっすり熟睡中ですが、3号ちゃんは

フグニーさんが、大事なごはんの冷凍赤虫を下敷きにして

寝腐っているような気がして探してみたくてしかたないんです。

だものでたぬき寝入りで「この巨体どいてくれないかな」って

隙をうかがっているんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近のその他のお魚さんたち

将来飼い主兼餌係を看取ってくれる予定?の、

長生きニューアイドル、ミシシッピニオイガメのカメたん。

おそらく女の子と思われるがまだよくわからんです

(排泄孔の位置で雄雌を見分けるんだよ。いやん♪)

飼い主兼餌係と目があうと、必死でわちゃわちゃの喉ぷくーで

「わたしっ、ここっ」とアピッてくるのがカワイイのであります。

最近の悩みはカラダがちょっとデカくなってきたので、

おうちにしている蚊取り豚さんが狭くてななめにならないと

寝られないことだそうです。

ヒドジョウのヒーさんと、シマドジョウのシーさん。

いつも仲良くクネクネニョロニョロ。

ヒーさんはまるで乳を与えるように、肛門から直接シーさんに

ウンコを吸われていたりする。ヒーさんのウンコはいつも

ほれぼれするほどアルデンテで黒々立派なブツなのですが、

最近浮いてるのみかけねーな、と思っていたら、そーいうことだったのネ。

ヒーさんは、恋人のジョーさん亡き後、シーさんを溺愛して満ち足りて

いるらしい。

モテニー水槽の居候、エンゼルフィッシュのお局エンゼルさん(雌)。

大きくなりすぎてお客さんの家から里子に出されたかわいそうな境遇に

同情しますが、居候だってのに大家のモテちゃんより幅をきかせて

平べったいからだで威嚇してくる気の強いおねーさんなのであった。

さらにエンゼルさん、しばしば父親のいないタマゴを産むため、

気が荒くなって飼い主兼餌係にもおちょぼ口で食ってかかってくる

困ったちゃんである。

お店で元気なかったため預かったスカーレットジェムさんたち2匹。

そのままなぜかひと夏いついております。両方雄なのが残念。

かたっぽが気が強くて、びやーっと鰭を広げて威張っています。

他に、なにげにカージナルテトラさんがなぜか1匹。。。

その他、おまつりで活躍したドクターフィッシュ軍団も預かって

世話しているが(キモい)。こいつらの餌クレ口コミ力にはびびるぜ。

正直。指とか絶対入れんよ。殺到するから

フグーズその他の住人さんたちも

個性派ぞろいでおもしろかわいーのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«最近のフグ-ズ事情